SCORE CARDBACK NUMBER

世界にアピールできるか好転機を迎えた青木剛。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2008/08/27 00:00

 '00年アジアユース選手権でU-19代表を視察した当時のA代表監督、フィリップ・トゥルシエは、ひとりの選手を名指しで絶賛した。もしかすると、同世代のなかで一番初めにA代表に近づいたのは、彼だったと言えるのかもしれない。それが当時、前橋育英高3年の青木剛だった。

 今でこそ、守備の人のイメージがある青木だが、当時はボランチの位置から鋭いスルーパスを連発し、攻撃をもリードするなど、その存在は際立っていた。

 青木の才能に魅せられたのは、トゥルシエだけではない。アテネ五輪代表の立ち上げ当初、監督の山本昌邦は、人材が不足していたリベロに青木を抜擢した。1対1での守備や空中戦の強さに加え、最終ラインからでも正確にロングフィードできることが、その理由だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック緊急速報]北京沸騰。

Sports Graphic Number 2008/9/3臨時増刊

[オリンピック緊急速報]
北京沸騰。

 

青木剛
鹿島アントラーズ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ