SCORE CARDBACK NUMBER

「走るサッカー」という言葉に走る前に! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2006/07/24 00:00

「走るサッカー」という言葉に走る前に!<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

 また標語がひとり歩きし始めた。日本代表の監督候補にイビチャ・オシムの名前があがると、TVでも新聞でも「走るサッカー」という言葉が注目されるようになった。ちょうどドイツW杯で、日本選手が暑さに負けて走れなかったこともあり、「走るサッカー」への期待が大きくなっているのだろう。

 ただ──。8年前の「フラット3」、4年前の「黄金の中盤」という言葉が使われたのと同じように、今回もサッカーの本質が見落とされているような気がする。

 まず「日本代表は、なぜドイツW杯で走れなかったのか?」を考えてみて欲しい。コンディション調整に失敗した、体力がなかった、と答える人が多いと思うが、サッカーには別の見方があることも忘れてはいけない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ