SCORE CARDBACK NUMBER

リベンジに燃える老雄を迎え撃つ長谷川穂積。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/03/09 00:00

 「ウィラポンは前に対戦した時よりも強くなっていると想定して、トレーニングしています」

 3月25日に予定されるWBC世界バンタム級王座2度目の防衛戦で前王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーションを神戸に迎え撃つ王者長谷川穂積(25)は、意外にもこう言うのである。

 辰吉、西岡と計6度戦って一度も負けなかったタイの名王者を攻略して王座を襲ったのは昨年4月。初回の先制攻撃から始まり、ペースを奪われかけた後10回の猛攻を経て12回を戦い切り、文句なしの3―0判定勝ち。再戦はもっと新旧交代が際立つのではと期待したいのだが、長谷川は37歳のウィラポンがより強くなってくると言う。これには「油断すまい」との自戒の念が込められているのだろう。長谷川には若さに似合わぬ、ベテランの老獪さもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[トリノ冬季五輪総集編]聖なる煌めき。

関連記事

長谷川穂積

ボクシングの前後の記事

ページトップ