SCORE CARDBACK NUMBER

モラレスをねじ伏せたフィリピンの英雄。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2006/02/09 00:00

モラレスをねじ伏せたフィリピンの英雄。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 フィリピンのワンダーボーイ、マニー・パッキアオがまたまた世界のボクシング・ファンを仰天させてくれた。'06年最初のメガファイトとなった宿敵エリク・モラレスとの再戦(1月21日、ラスベガス)で強烈なリベンジを果たしたのだ。それもメキシコのスーパースターを10回にとらえ、左強打で2度のダウンを奪ってのTKO勝ち。これまで一度もKO負けのないタフなメキシコ人に初の惨敗を味わわせ、“パックマン”の株はまたしても急騰した。

 ひとつ間違えば逆に倒されかねない激闘を制した勝負強さと天性の強打にはあきれるほかない。これでマルコ・アントニオ・バレラ、モラレスとメキシコの大物2人を倒したパックマン、今後はバレラと世界3階級制覇を懸けての再戦という大一番が控えている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[TORINO 2006 PREVIEW]彼女はトリノで強くなる。

ボクシングの前後の記事

ページトップ