SCORE CARDBACK NUMBER

7年間不敗記録を持つ、37歳の“やんちゃ坊主”。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/04/06 00:00

 今年初の世界ヘビー級タイトルマッチは、この階級の飛びぬけたスター不在の現状を象徴するような、ヤマ場のない試合だった。3月18日米アトランティックシティで行われたWBCタイトル戦は、王者ハシム・ラクマン(33)がベテランのジェームス・トニー(37)と12回を戦って引き分け防衛。一撃でレノックス・ルイスを眠らせたラクマンの強打は不発に終わった。一方、ミドル級王者から体重を上げてきた挑戦者もナチュラルなヘビー級相手では体負けし、いつもの老獪な攻防技術を十分に発揮できないままだった。

 公式スコアはマジョリティ・ドロー。もし最終回トニーがポイントを挙げていれば、2―1判定で勝ち、4階級制覇を達成していたことになる。ややラクマンに分があったかには見えたが……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

王JAPAN 世界一の誇り。WBC Our Pride & Prize

ボクシングの前後の記事

ページトップ