SCORE CARDBACK NUMBER

大本命は不在のまま。混戦となった皐月賞。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2008/04/17 00:00

 スター誕生を待望し続けたまま、いよいよ本番に突入してしまう'08年の牡馬クラシック戦線。函館2歳S(昨年8月5日、函館)から毎日杯(3月29日、阪神)まで、この世代を対象として18個も組まれてきた重賞レース(そのほかに牝馬限定のそれが7個あり)なのに、2勝できた馬がマイネルチャールズ(美浦・稲葉隆一厩舎、父ブライアンズタイム)だけというのだから、まさに異常事態だ。

 この世代の特徴は、いかにも大物然としたパフォーマンスを演じた馬が、その直後のレースで文字通りに馬脚を現してしまうことだ。サダムイダテンがそうだったし、当コラムで「ついに出現!」と断言したサイレントフォースも、全国区に颯爽と名乗りをあげるはずの2戦目で大敗してあっさりと姿を消した。後者はソエが痛みだしたのが原因だそうだが、そもそもの見込み違いだったことも否定できない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 483文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!
マイネルチャールズ
スマイルジャック

競馬の前後の記事

ページトップ