SCORE CARDBACK NUMBER

大陸予選で蘇った、つかのまの夢のチーム。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/09/20 00:00

 アメリカ代表に“ドリームチーム”の名称が使われなくなって久しい。1992年、バルセロナ五輪のときの元祖ドリームチームは、他国を圧倒し、魅了した、まさに“夢”のチームだった。あれから15年、アメリカは2000年のシドニー五輪で優勝したのを最後に世界舞台での優勝から遠ざかり、自然と“ドリームチーム”の呼び名も聞かれなくなった。

 しかし、今年のアメリカ代表はひと味違う。先ごろラスベガスで行われたアメリカ大陸予選では、平均39.5点差をつけて10戦全勝と、圧倒的な強さで優勝を果たした。世界の舞台ではなく地区予選にすぎないが、ジェイソン・キッド、コービー・ブライアント、レブロン・ジェイムス、カメロ・アンソニーといったトッププレイヤーたちが一丸となって戦う試合ぶりに、対戦相手や元祖ドリームチーム選手のマジック・ジョンソンらも、'92年のチームに姿を重ねたほどだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 Football Sensation]欧州異変。 THE EUROQUAKE

バスケットボールの前後の記事

ページトップ