SCORE CARDBACK NUMBER

再び羨望の対象となった、緑の古豪セルティックス。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/10/04 00:00

 色にもイメージがある。英語圏では緑は“嫉妬”あるいは“羨望”の色だ。もとは、シェークスピアが名作、『オセロ』で嫉妬のことを「緑の目をした怪物」と表現したことに由来するという。

 NBAでは、緑のチームとして多くの人が一番に思い浮かべるのが、伝統あるボストン・セルティックスだ。チーム名からもわかるように、かつてボストン近辺にケルト人が多く入植してきた歴史から取ったチームカラーだが、'59年から8連覇と'60年代のNBAを支配したうえ、'70年代、'80年代になっても優勝し続けた常勝セルティックスは、いつも他チームの“羨望”の対象でもあった。強いが故に、ボストン以外の土地では「セルティックスの緑は大嫌い」というNBAファンが多かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[富士日本GPスペシャル]闘争白書。

Sports Graphic Number 688

[富士日本GPスペシャル]
闘争白書。

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ