SCORE CARDBACK NUMBER

ブラジル代表を率いるパレイラとドゥンガの違い。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2006/11/09 00:00

 ドゥンガが監督に就任してから、ブラジルが絶好調だ。初戦こそノルウェーに引き分けたものの、その後はアルゼンチン戦を含めて4連勝。ドイツW杯では情けない姿をさらしたセレソンだが、カナリア色の輝きを取り戻しつつある。いったいドゥンガと前任者のパレイラには、どこに違いがあるのだろう?

 監督が交代しても、レギュラーの座を守り続けているDFフアンは言う。

 「パレイラも決して悪い監督ではなかったけど、権威的なところがあった。それに対してドゥンガは、セレソンの中心として活躍してきただけに、選手の気持ちがよくわかる。落ち込んでいる選手がいても、気持ちを汲み取って、やる気を起こさせるのが抜群にうまい」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]ファイターズ 夢の結実。

関連記事

ドゥンガ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ