SCORE CARDBACK NUMBER

アズーリとの対戦が、ジャパンの真価を問う。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKenji Demura

posted2004/07/01 00:00

アズーリとの対戦が、ジャパンの真価を問う。<Number Web> photograph by Kenji Demura

 イタリア代表が来日する。

 サッカーに比べればマイナーとはいえ、楕円球界でもアズーリは確かな存在感を放っている。W杯では過去5大会で通算5勝。IRBの世界ランクは現在11位。サッカー王国にして、ラグビーでは陰の実力国。プロフィールは南米の雄アルゼンチンを連想させるが、実際の戦い方も激しいコンタクト、キックを活かしたアタックと共通点が多い。アングロサクソンが主流を占めてきたラグビーを、地中海文化がどれだけ豊潤に育ててきたか。来日メンバーには、'95年からW杯3大会連続全試合出場ながら、ケガで今季の6カ国対抗を全休したSHトロンコンが復帰という楽しみも。FL兼WTBの万能選手マウロ・ベルガマスコはじめピッチの外でも注目されそうなイケメンも多い。6月30日の日本選抜戦(大阪・長居)、7月4日の日本代表戦(東京・秩父宮)は見逃せない異文化交流戦だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 543文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

PRIDE 2nd Round 「最強」に至る道。PRIDE 2nd Round

ラグビーの前後の記事

ページトップ