SCORE CARDBACK NUMBER

アメリカで花咲く3人のなでしこたち。 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

posted2009/04/27 07:00

 今春、アメリカで女子プロサッカーリーグWPSが誕生した。北京五輪優勝のアメリカ代表全選手はもちろん、世界中から一流選手が結集しており、日本の澤穂希(ワシントン)、宮間あや(ロサンゼルス)、荒川恵理子(ベイエリア)の3選手も参加している。

 この3人のうち、以前もアメリカでのプレー経験がある澤は実力通りの活躍ができると見られていたが、海外リーグ初挑戦の宮間と荒川に関しては未知数の部分が大きかった。ところがふたを開けてみると、開幕節で結果を残したのはこの二人の方だったのである。

 宮間は澤との日本人対決が実現した開幕戦において、自らのFKで新リーグ第1号ゴールをアシスト。この時の記念すべきボールは、アメリカ・サッカー殿堂に保存されることとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

荒川恵理子
宮間あや
澤穂希

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ