SCORE CARDBACK NUMBER

不調続きの高橋大斗。信ずべき道は何か。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2005/12/22 00:00

 来年2月のトリノ冬季五輪を前に、フィギュアやスピードなどスケート陣が活躍している。本番でもメダル量産が十分期待できそうだが、心配なのはノルディックスキーの不調だ。ジャンプ陣の苦戦はある程度予想していたが、複合のエース高橋大斗の低迷は意外だった。

 11月25日に開幕したW杯の個人第1戦では、前半飛躍こそ11位と健闘したものの、後半の距離(15km)で大きく順位を落として26位と惨敗した。さすがに本人も驚いた様子で「こんなに体が動かないとは。これでは試合にならない」と頭を抱え、不調の理由については「分かりません。謎です」と首をひねった。続く27日、第2戦スプリントでは飛躍で首位に立ち、後半の距離(7.5km)は2位に12秒差をつけてスタートしながらもずるずる後退。13位に沈んだ。その後も状況は好転せず、今月3日の第3戦は24位(前半飛躍14位)、4日の第4戦スプリントも26位(前半4位)と、低迷打開の糸口すら見いだせない状態が続いている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 500文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 2 最強軍団ブラジルを暴け!
高橋大斗
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ