NumberEYESBACK NUMBER

山崎浩子が語る、日本新体操の強化策。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2006/11/09 00:00

 11月17、18日に、三重県伊勢市で新体操の「第6回ワールドカップファイナル」が行なわれる。ワールドカップファイナルは2年に一度開催される国際大会である。出場資格が得られるのは'05・'06年のワールドカップシリーズでの各種目のポイント上位8人。トップレベルの選手たちによる新体操のビッグイベントだ。

 日本は個人戦リボンに村田由香里、5人のチームで行なわれる団体の「フープ+クラブ」に出場するが、とりわけ注目されるのは、団体チームだ。日本は元五輪代表の山崎浩子氏が強化本部長に就任後、団体の重点強化を打ち出した。そして今回出場するのは、北京五輪メダル獲得を目指し長期的計画にのっとって結成されたチームであり、国内開催の大会でのお披露目となるのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1034文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]ファイターズ 夢の結実。
山崎浩子
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ