NumberEYESBACK NUMBER

五輪欠場から2カ月、
野口みずきが語った真実。 

text by

富沢高行

富沢高行Takayuki Tomizawa

PROFILE

photograph byTakayuki Tomizawa

posted2008/11/06 00:00

五輪欠場から2カ月、野口みずきが語った真実。<Number Web> photograph by Takayuki Tomizawa

 日本中を驚きと失望に包んだ北京五輪欠場から2カ月。女子マラソンの野口みずきが初めて公の場に姿を現し、重たかった口を開いた。

 10月11日、新潟県佐渡市で開かれたトークショーに出席。司会者が北京五輪の話題を避けながら進行していたとき、自ら切り出したのだ。「みなさんに、お詫びをしなければなりません。故障で出場できなくなって本当に申し訳ないと思っています」。声が詰まり、涙が頬を伝った。

 7月25日、スイス・サンモリッツでの仕上げの高地合宿中にアクシデントは起こった。左太ももの臀部に近い部位の奥に痛みを感じた。今までに経験のない故障だった。自ら「もう帰りたい」と申し出て、予定を3日早め帰国。「故障の原因は自分にあります。余裕を持ってやっていいところで、オリンピックのことを考え(練習を)やり過ぎてしまいました」とオーバーワークを原因に挙げた。そして、指導するシスメックスの藤田信之監督、廣瀬永和コーチをかばい「悪いのは私です」と、また泣いた。指導歴40年の藤田、生活のほぼすべてを野口に賭してきた廣瀬。北京で乾坤一擲の勝負を目指してきた3人の絆は固い。野口は、ひたすら詫びたい心境だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

野口みずき
藤田信之
廣瀬永和
シスメックス
北京五輪
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ