NumberEYESBACK NUMBER

ベテランがつかんだビーチの五輪切符。 

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

photograph byRyu Makino

posted2008/08/07 00:00

ベテランがつかんだビーチの五輪切符。<Number Web> photograph by Ryu Makino

 7月18日、フランス・マルセイユで開催されていたビーチバレーのワールドツアーで、日本男子の朝日健太郎(CHINTAI)・白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組と、女子の佐伯美香(ダイキ)・楠原千秋(湘南ベルマーレ)組がともに北京オリンピック出場を決めた。ビーチバレーの女子は、佐伯が'00年シドニーで高橋有紀子と組んで4位入賞、楠原は徳野涼子(佐伯・楠原チームの現監督)とともに'04年アテネに出場しているが、男子のオリンピック出場は、'96年のアトランタ以来、12年ぶりとなる。

 ビーチバレーの五輪予選は長丁場だ。'07年1月1日から今大会まで2シーズンにわたるワールドツアーを戦い、結果を残した上位8試合のポイント合計によって最終24組の出場が決定する。ブラジルやアメリカが圧倒的な強さを誇っていた4年前とは異なり、1カ国2チームの出場権をめぐりヨーロッパ各国がせめぎあう状況では、ちょっと油断すれば五輪予選ランキングはひっくり返ってしまう。佐伯・楠原組はマルセイユ大会で9位、朝日・白鳥組は13位に入り、五輪予選ランキング24位以内を確定させたのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 928文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック直前特集]ニッポン最強宣言。
佐伯美香
朝日健太郎
楠原千秋
白鳥勝浩
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ