NumberEYESBACK NUMBER

ジダン代表復帰をめぐるそれぞれの思惑。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

posted2005/09/01 00:00

 神のお告げではないのだそうだ。

 「ある晩、深夜3時に突然目が覚めた。そして傍にいる誰かと話したんだ。(相手は)あなたがまだ見たことのない、遥か彼方からやってきた人物としか言いようがないなあ……」

 そして彼は代表復帰を決意する。ところがこのフランス・フットボール誌のインタビューが公になった直後に、ジネディーヌ・ジダンはホームページでその内容を否定した。

 「僕はある特定の人物と話した。それは僕の兄で、神とも宗教ともまったく関係はない」

 この際重要なのは神でも兄でもない。要はジダンが復帰を決めたことであり、フランスとジダンの双方にそうせざるを得ない事情があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1067文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[詳報!W杯最終予選1位通過]日本代表 誇りを胸に。

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ