NumberEYESBACK NUMBER

センバツの主役・中田は清原の後継者になれるか? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2007/04/19 00:00

 センバツ大会は大方の予測を裏切る常葉菊川高(静岡)の優勝で幕を閉じた。準優勝の大垣日大高(岐阜)も希望枠選出の初出場校で、決勝まで勝ち進むとはほとんどの人が思わなかった。

 予想外の展開に沸いたセンバツ大会。その中で、当然のようにホームランをかっ飛ばしたのが中田翔(大阪桐蔭高・投手&外野手)だった。3月28日の佐野日大高戦、中田は'92年の松井秀喜(星稜高)以来となる2打席連続ホームランを、左翼と左中間スタンドに叩き込むのである。

 今センバツの使用球は、いわゆる飛ばないボール。コルク芯をゴム素材で覆うことによって、反発力が下がり、飛距離は従来にくらべ1.2メートルほど抑えられると言われていた。実際、大会通算本塁打は昨年の14本から10本に、三塁打は22本から19本に、二塁打は86本から81本に減り、飛ばない効果が実証されている。しかし、この程度の変化では中田のパワーはビクともしなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 957文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

中田翔
大阪桐蔭高校
清原和博

高校野球の前後の記事

ページトップ