NumberEYESBACK NUMBER

ようやく水着問題が決着。日本競泳陣の可能性は? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2008/06/26 00:00

ようやく水着問題が決着。日本競泳陣の可能性は?<Number Web> photograph by Takao Fujita

 まさかこれほどの好記録が生まれるとは……。6月6日から8日まで行なわれた競泳ジャパンオープンの会場、東京・辰巳国際水泳場は連日異様な興奮に包まれた。

 大会での注目は、国内の大会で本格的に試用される英スピード社の「レーザー・レーサー」にあった。日本水泳連盟が日本代表の水着として契約する国内3社のものと比べて本当に速くなるのか。速いとしたらどれほどなのか。選手やコーチなどの現場サイドから五輪で着たいという要望が起こる中、大会での記録が水着問題の決着に影響を与えるとみられていた。

 結果は予想を大きく上回った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

上田春佳
入江陵介
北島康介
松田丈志
種田恵
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ