NumberEYESBACK NUMBER

日本代表の勝利給、
100万円の要求は妥当か。
~W杯予選と親善試合を検証~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/03/31 06:00

日本代表の勝利給、100万円の要求は妥当か。~W杯予選と親善試合を検証~<Number Web> photograph by AFLO

昨年末、藤田(中央)はカズたちと共に選手の待遇改善を主張した

 3月9日、日本プロサッカー選手会(JPFA)が、労働組合への移行手続きを進めることを発表した。

 JPFAは、Jリーグや海外でプレーする日本人選手が所属する一般社団法人で、労働組合化すればストライキを行なうことが可能になる。

 これまで選手会は、藤田俊哉会長を中心に「代表選手への肖像権料の分配」「Jリーグの年金退職金制度創設」などを求めてきた。中でも特に強く訴えているのが「代表勝利給のアップ」だ。選手会は日本代表の勝利給の最低額を1試合あたり100万円に設定すべきだと主張している。

 現在、日本代表の勝利給は、W杯本大会なら200万円、W杯予選なら30万円、親善試合では相手のレベルに応じて、10~20万円と規定されている(引き分けのときは、それぞれ半額)。加えて、代表としての活動期間中、日当1万円が支給される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1099文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新・黄金世代の挑戦。

Sports Graphic Number 775

新・黄金世代の挑戦。

 

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ