SCORE CARDBACK NUMBER

対岸の火事ではない
アルゼンチンの“異変”。
~サッカー五輪予選敗退の教訓~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/04/18 06:00

対岸の火事ではないアルゼンチンの“異変”。~サッカー五輪予選敗退の教訓~<Number Web> photograph by KYODO

U-22日本代表は、3月末にウズベキスタンと親善試合を行なったが、1勝1敗に終わる

 4年に一度の大会で、3連覇を成し遂げることは至難の業だ。事実、サッカーで五輪の3連覇は例がない。だからこそ、来年のロンドン五輪では、アテネ、北京と2連覇中のアルゼンチンが前人未到の大記録を達成できるかどうかは、焦点のひとつとなるはずだった。

 ところが、である。五輪開幕を1年以上も前にして、その可能性は早くも完全に消滅した。理由は明快。アルゼンチンが、ロンドン五輪への出場権を逃してしまったからである。

 なぜ、これほど重大な出来事が、かくも人知れず起こっていたのか。原因はひとえに、その予選方式にある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 658文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黄金世代がプロ野球を面白くする。

関連記事

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ