SCORE CARDBACK NUMBER

「故郷を勇気づけたい」
由規の投球が希望を燈す。
~地元・仙台での交流戦への思い~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/03/28 06:00

「故郷を勇気づけたい」 由規の投球が希望を燈す。~地元・仙台での交流戦への思い~<Number Web> photograph by KYODO

昨シーズンは12勝を挙げ規定投球回数もクリア。今季は自身初となるタイトル獲得を目指す

 東日本大震災はプロ野球界にも大きな傷跡を残した。人一倍家族想いのヤクルト・由規も、地元・仙台に住む友人や親戚を心配するひとりである。

 オープン戦最終登板直前に起きたこの惨事。球場からの電話で両親の安全こそ確認できたものの、実家は大きく損壊。車中泊を余儀なくされている状態であった。両親は昨年、育成ドラフトでヤクルトに指名された弟・貴規と自分をプロ野球選手に育ててくれた大切な存在。それだけに由規の心配も大きかった。

「チャリティとかこれからいろいろ知恵を出していきたいけれど、自分が出来るのは野球で結果を出すこと。頑張っている姿を見て少しでも励みになってもらえれば……」。被災者が多く出ているため、言葉少なであった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新・黄金世代の挑戦。

Sports Graphic Number 775

新・黄金世代の挑戦。

 

関連記事

由規
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ