Jリーグ 

田中裕介が知る中澤と憲剛の凄み。岡山のJ1昇格へ「自分と向き合う」。

JリーグPRESS

田中裕介が知る中澤と憲剛の凄み。
岡山のJ1昇格へ「自分と向き合う」。

プロ15年目、新しいクラブで「原点回帰」のシーズンを過ごしているという。 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2019/08/14

アルディレスもハリルも信頼した男。浦和・羽生通訳の5カ国語“操縦術”。

JリーグPRESS

アルディレスもハリルも信頼した男。
浦和・羽生通訳の5カ国語“操縦術”。

朝から30度を超える猛暑日でも、浦和レッズの練習場には大槻毅監督の大きな声が飛んでいる。「暑い、暑いと言っても誰も褒めてく… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2019/08/13

永井秀樹新監督のヴェルディ再建策。右腕は“Jバブル”を知る藤吉信次。

JリーグPRESS

永井秀樹新監督のヴェルディ再建策。
右腕は“Jバブル”を知る藤吉信次。

「人生って、なかなか自分の思ったとおりにはいかないもの。まさか現役の最後をこのクラブで終えられるとは考えていませんでした… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2019/08/11

スポンサーのはずが今や大分サポ。トリニータと浅田飴の幸せな関係。【2019年上半期 サッカー部門5位】

スポーツ百珍

スポンサーのはずが今や大分サポ。
トリニータと浅田飴の幸せな関係。
【2019年上半期 サッカー部門5位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。サッカー部門の第5位はこちら! 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2019/08/10

涙のU-20W杯を経てJ2山口で修行。川崎の星・宮代大聖は刺激を求めた。

JリーグPRESS

涙のU-20W杯を経てJ2山口で修行。
川崎の星・宮代大聖は刺激を求めた。

約2カ月前。遠く離れたポーランドの地で、1人の男は自分の力のなさに悔し涙を流していた。 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

2019/08/10

フロンターレのリアリスト阿部浩之。憲剛と同じ目+遠藤っぽい効率性。

JリーグPRESS

フロンターレのリアリスト阿部浩之。
憲剛と同じ目+遠藤っぽい効率性。

「9歳下なんだけど、自分と『同じ目』を持っているからね」ある日の練習後のこと。夏場の試合運びやゲームコントロールについて… 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2019/08/09

森重真人に漂う「ラスボス」感。“粗くない”強さに自信が溢れる。~目指すは初の全試合フル出場~

SCORE CARD

森重真人に漂う「ラスボス」感。
“粗くない”強さに自信が溢れる。
~目指すは初の全試合フル出場~

これを「ラスボス」と言わずして何と言えよう。FC東京のディフェンスを束ねる32歳、森重真人が例年以上に大きく見える。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

有料

2019/08/09

首位&久保効果だけじゃない!なぜFC東京の観客数は急増した?

JリーグPRESS

首位&久保効果だけじゃない!
なぜFC東京の観客数は急増した?

2万6432人から、3万1022人へ。これはFC東京のJ1リーグ戦ホームゲーム1試合平均観客動員数の変化である。これはFC東京のJ1リーグ… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2019/08/08

谷間の世代・初代主将、羽田憲司。今も残る悔恨と鹿島コーチでの野心。

「谷間の世代」と呼ばれて。

谷間の世代・初代主将、羽田憲司。
今も残る悔恨と鹿島コーチでの野心。

サッカー界で「谷間の世代」と言えば、アテネ五輪に22、23歳で出場した、1981年(及び1982年)生まれを指す。10代のころから、す… 続きを読む

浅田真樹Masaki Asada

2019/08/08

鹿島とメルカリの「挑戦的な身売り」。100億円クラブへの期待と新しい経営。

JリーグPRESS

鹿島とメルカリの「挑戦的な身売り」。
100億円クラブへの期待と新しい経営。

もしかしたらJリーグでは初めてではないだろうか。Jリーグに限らず、プロ野球も含めて日本のプロスポーツで初めての出来事かもし… 続きを読む

川端康生Yasuo Kawabata

2019/08/07

名古新太郎に匂う「鹿島の系譜」。小笠原満男、柴崎岳とも違う特性。

話が終わったらボールを蹴ろう

名古新太郎に匂う「鹿島の系譜」。
小笠原満男、柴崎岳とも違う特性。

強いチームは次から次へと面白い選手が出てくるものだ。この夏、鹿島は主力の安部裕葵、鈴木優磨、安西幸輝、金森健志らが移籍し… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/08/07

遠藤保仁、公式戦1000試合出場。定位置を失っても新たな輝き方。

JリーグPRESS

遠藤保仁、公式戦1000試合出場。
定位置を失っても新たな輝き方。

世代を超えて知られる童謡『大きな古時計』。移りゆく時の流れに抗えない悲しい定めをテーマにしたこの曲にこんな一節がある。 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

2019/08/05

GK6人目のJ1通算300試合出場。38歳の西部洋平は雌伏の時を経て。

JリーグPRESS

GK6人目のJ1通算300試合出場。
38歳の西部洋平は雌伏の時を経て。

今季序盤は低迷していた清水エスパルスが徐々に上昇へと転じ始めた。若いチームをけん引するのは、チーム最年長の38歳、GK西部洋… 続きを読む

望月文夫Fumio Mochizuki

2019/08/03

大分の「釣り師」の真骨頂。敵陣を切り裂く小塚和季のパス。~アシストはJ1でトップタイ~

SCORE CARD

大分の「釣り師」の真骨頂。
敵陣を切り裂く小塚和季のパス。
~アシストはJ1でトップタイ~

いまやJ1でも指折りのエンガンチェと言っていいかもしれない。大分トリニータの小塚和季だ。エンガンチェ(スペイン語)とはアル… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

有料

2019/08/03

内田篤人が鹿島で新たに抱える悩み。「やってないと発言権ってないよな」

JリーグPRESS

内田篤人が鹿島で新たに抱える悩み。
「やってないと発言権ってないよな」

クラブ史上における、一大転換期を迎えている鹿島アントラーズ。経営権がどこに移っても、主力が大量に移籍してしまっても、内田… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2019/07/31

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。マリノスに降り注いだ拍手の正体。

JリーグPRESS

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。
マリノスに降り注いだ拍手の正体。

タイムアップの瞬間、日産スタジアムは6万5千人の大拍手に包まれた。この拍手を言葉にすると、「好ゲームをありがとう」になる。… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2019/07/31

川崎vs.大分「食いつかせ名人」対決。勝者が飲水タイムに選んだ次の一手。

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

川崎vs.大分「食いつかせ名人」対決。
勝者が飲水タイムに選んだ次の一手。

食いつくか、食いつかないか。 その微妙な判断が勝負の分かれ目だった。先週末に等々力で開催された川崎フロンターレと大分トリ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2019/07/31

神戸とバルサが「ファミリー」化。試合より気になった結束の内容とは。

スポーツ百珍

神戸とバルサが「ファミリー」化。
試合より気になった結束の内容とは。

最近、巷でよく聞く「ファミリー」がサッカー界に生まれた。もちろん、いい意味で。 7月27日に親善試合を行った、ヴィッセル神戸… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2019/07/30

守護神になれなかった男のJデビュー。FC琉球のGK猪瀬康介、不屈の魂。

“ユース教授”のサッカージャーナル

守護神になれなかった男のJデビュー。
FC琉球のGK猪瀬康介、不屈の魂。

7月21日のJ2リーグ第23節・水戸ホーリーホックvs.FC琉球の一戦。流経大柏から今季加入した高卒ルーキーである琉球のGK猪瀬康介が… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/07/30

上田綺世の鹿島加入が示すこと。部活が強い日本サッカー界の変化。

JリーグPRESS

上田綺世の鹿島加入が示すこと。
部活が強い日本サッカー界の変化。

コパ・アメリカに出場した日本代表でただひとり大学サッカー部に所属していた法政大学3年のFW上田綺世が、サッカー部を退部して… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/07/29

ページトップ