なでしこジャパン 

なでしこ10番籾木結花、米移籍の意味。ラピノーとの共演と日本への還元。

なでしこ10番籾木結花、米移籍の意味。
ラピノーとの共演と日本への還元。

球体とリズム

現在のなでしこジャパンでエースナンバー10をまとうのは誰? 籾木結花だ。えっと、どんな選手? 高い技術と聡明な頭脳を備えた…続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2020/07/03

岩渕真奈が五輪延期より残念なこと。「海外の話を全部断りました」

なでしこジャパンPRESS

岩渕真奈が五輪延期より残念なこと。
「海外の話を全部断りました」

「若い時は、東京オリンピック終わったら子供を産んで……、とか思ってました(笑)。落ち着いたら復帰できるしって考えてたんで… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2020/06/27

長谷川唯がコロナ禍の中で見出した、なわとびとサッカーの共通点って?

スポーツ百珍

長谷川唯がコロナ禍の中で見出した、
なわとびとサッカーの共通点って?

「実際にプレーする中で上手くいかないとき、修正していくのはサッカーでも同じだと思うんです。そういう意味では共通点を見出し… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2020/06/04

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。

なでしこジャパンPRESS

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。
川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。

日本中を狂喜乱舞させたあの瞬間を現地で体感できたのは、幸運以外の何物でもない。いまも、「なでしこジャパン」の戦いぶりを思… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

2020/04/27

なでしこの新エース・長谷川唯。W杯では不完全燃焼、五輪を狙う。

GO FOR TOKYO 2020

なでしこの新エース・長谷川唯。
W杯では不完全燃焼、五輪を狙う。

世代別代表では飛び級で上の年代のカテゴリーでのプレーも経験した。'14年のFIFA U-17女子W杯では優勝に貢献し、準MVPにあたるシ… 続きを読む

石井宏美Hiromi Ishii

2020/03/11

元なでしこの永里亜紗乃が語る姉・優季とのライバル関係。

才色健美な挑戦者たち

元なでしこの永里亜紗乃が語る
姉・優季とのライバル関係。

2012年のなでしこリーグでランキング2位の19得点を記録、2015年に行われた女子ワールドカップでは、ピッチに立つことはなかった… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2020/02/05

岩清水梓が妊娠で不在も4冠に照準。監督と選手が語るベレーザの勝負勘。

なでしこジャパンPRESS

岩清水梓が妊娠で不在も4冠に照準。
監督と選手が語るベレーザの勝負勘。

永田監督が岩清水から妊娠を知らされたのは神戸とのカップファイナルが終わったあと。「もし言ったら、絶対試合に出してくれない… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2019/11/26

田中陽子「サッカーも合う気がする」。違和感を乗り越え、笑顔でスペインへ。

欧州サッカーPRESS

田中陽子「サッカーも合う気がする」。
違和感を乗り越え、笑顔でスペインへ。

まだ19歳だった2012年、田中陽子は女子サッカー界のニューヒロインとして脚光を浴びた。時代は“なでしこブーム”の真っただ中。… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

2019/08/04

躍進する欧州勢、五輪まで1年……。なでしこ強化に必要なスピード感。

なでしこジャパンPRESS

躍進する欧州勢、五輪まで1年……。
なでしこ強化に必要なスピード感。

フランスで開催されているFIFA女子ワールドカップも残すところ、決勝と3位決定戦の2試合のみとなった。前回大会王者のアメリカは… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/07/04

初戦後のミーティングで団結、涙も。なでしこ鮫島「一番声が出ている」

なでしこジャパンPRESS

初戦後のミーティングで団結、涙も。
なでしこ鮫島「一番声が出ている」

「このメンバーで1試合でも多く戦いたい」その思いが、グループステージ初戦を引き分け、このまま終わってしまうかもしれないと… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/06/25

女子サッカーの世界地図。~日本のW杯勝利数は世界7位~

Number on Number

女子サッカーの世界地図。
~日本のW杯勝利数は世界7位~

サッカーの女子ワールドカップが始まった。1991年の初開催以来、大会の規模は拡大してきて、世界大会としての内容がともなうよう… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

有料

2019/06/14

新生なでしこ、W杯初出場は17人!栄光を知る鮫島と宇津木の覚悟。

なでしこジャパンPRESS

新生なでしこ、W杯初出場は17人!
栄光を知る鮫島と宇津木の覚悟。

なでしこジャパンが出場するFIFA女子W杯フランス大会がいよいよ幕開けとなる。 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/06/08

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

なでしこジャパンPRESS

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。
長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

夜のグラウンドを煌々と照らしていたライトが消えた。時刻は午後8時半を回っている。 東京都稲城市、日本の女子サッカー界を牽引… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2019/05/05

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。受け継がれるキャプテンマークの重み。

なでしこジャパンPRESS

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。
受け継がれるキャプテンマークの重み。

4月11日、フランスの南東部の都市、リヨン。 なでしこジャパンの欧州遠征を終えた熊谷紗希は、所属クラブのオリンピック・リヨン… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/24

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。なでしこは「伸びしろだらけです」。

なでしこジャパンPRESS

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。
なでしこは「伸びしろだらけです」。

6月にフランスで開催されるFIFA女子ワールドカップまで2カ月弱と迫る中、事前の強化のため、なでしこジャパンが4月1日から11日の… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/14

海外生活7年半。なでしこジャパン・熊谷紗希が海外で得た強さ。

才色健美な挑戦者たち

海外生活7年半。
なでしこジャパン・熊谷紗希が海外で得た強さ。

2011年の女子ワールドカップドイツ大会で、優勝を決定づけるPKを放った熊谷紗希。その年の7月にドイツの1.FFCフランクフルトへ移… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2019/01/16

<奇跡の花は散らず>宮間あやが語る「なでしこ世界一」

Sports Graphic Number Special

<奇跡の花は散らず>
宮間あやが語る「なでしこ世界一」

あの年、悲しみの日本に奇跡の花が咲いた。「なでしこ」は一躍、競技の枠を超えた。だが、彼女たちはその渦中、葛藤を抱きながら… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

有料

2019/01/01

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経てなでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

才色健美な挑戦者たち

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経て
なでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

2011年7月、FIFA女子ワールドカップでの優勝は、東日本大震災の影響が色濃く残る日本に明るさをもたらした。 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2018/11/07

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。圧倒的に高い目標と控え目な監督。

なでしこジャパンPRESS

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。
圧倒的に高い目標と控え目な監督。

そこに満ち溢れるような歓喜はなかった。粛々と整列し、相手と健闘を称え合う。勝てば、優勝。すなわちリーグ4連覇達成。知らな… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/10/30

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。尊敬する安藤梢からの教えを胸に。

なでしこジャパンPRESS

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。
尊敬する安藤梢からの教えを胸に。

「いってきます!!」終始笑顔を輝かせた猶本光。そこに涙はなかった。およそ6年半過ごした浦和レッズレディースから、ドイツのSC… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2018/07/10

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ