なでしこジャパン 

躍進する欧州勢、五輪まで1年……。なでしこ強化に必要なスピード感。

躍進する欧州勢、五輪まで1年……。
なでしこ強化に必要なスピード感。

なでしこジャパンPRESS

フランスで開催されているFIFA女子ワールドカップも残すところ、決勝と3位決定戦の2試合のみとなった。前回大会王者のアメリカは、準々決勝で開催国のフランスを、準決勝では優勝候補の一角でもあるイングランドを破…続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/07/04

初戦後のミーティングで団結、涙も。なでしこ鮫島「一番声が出ている」

なでしこジャパンPRESS

初戦後のミーティングで団結、涙も。
なでしこ鮫島「一番声が出ている」

「このメンバーで1試合でも多く戦いたい」その思いが、グループステージ初戦を引き分け、このまま終わってしまうかもしれないと… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/06/25

女子サッカーの世界地図。~日本のW杯勝利数は世界7位~

Number on Number

女子サッカーの世界地図。
~日本のW杯勝利数は世界7位~

サッカーの女子ワールドカップが始まった。1991年の初開催以来、大会の規模は拡大してきて、世界大会としての内容がともなうよう… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

有料

2019/06/14

新生なでしこ、W杯初出場は17人!栄光を知る鮫島と宇津木の覚悟。

なでしこジャパンPRESS

新生なでしこ、W杯初出場は17人!
栄光を知る鮫島と宇津木の覚悟。

なでしこジャパンが出場するFIFA女子W杯フランス大会がいよいよ幕開けとなる。 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/06/08

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

なでしこジャパンPRESS

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。
長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

夜のグラウンドを煌々と照らしていたライトが消えた。時刻は午後8時半を回っている。 東京都稲城市、日本の女子サッカー界を牽引… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2019/05/05

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。受け継がれるキャプテンマークの重み。

なでしこジャパンPRESS

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。
受け継がれるキャプテンマークの重み。

4月11日、フランスの南東部の都市、リヨン。 なでしこジャパンの欧州遠征を終えた熊谷紗希は、所属クラブのオリンピック・リヨン… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/24

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。なでしこは「伸びしろだらけです」。

なでしこジャパンPRESS

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。
なでしこは「伸びしろだらけです」。

6月にフランスで開催されるFIFA女子ワールドカップまで2カ月弱と迫る中、事前の強化のため、なでしこジャパンが4月1日から11日の… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/14

海外生活7年半。なでしこジャパン・熊谷紗希が海外で得た強さ。

才色健美な挑戦者たち

海外生活7年半。
なでしこジャパン・熊谷紗希が海外で得た強さ。

2011年の女子ワールドカップドイツ大会で、優勝を決定づけるPKを放った熊谷紗希。その年の7月にドイツの1.FFCフランクフルトへ移… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2019/01/16

<奇跡の花は散らず>宮間あやが語る「なでしこ世界一」

Sports Graphic Number Special

<奇跡の花は散らず>
宮間あやが語る「なでしこ世界一」

あの年、悲しみの日本に奇跡の花が咲いた。「なでしこ」は一躍、競技の枠を超えた。だが、彼女たちはその渦中、葛藤を抱きながら… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

有料

2019/01/01

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経てなでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

才色健美な挑戦者たち

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経て
なでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

2011年7月、FIFA女子ワールドカップでの優勝は、東日本大震災の影響が色濃く残る日本に明るさをもたらした。 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2018/11/07

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。圧倒的に高い目標と控え目な監督。

なでしこジャパンPRESS

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。
圧倒的に高い目標と控え目な監督。

そこに満ち溢れるような歓喜はなかった。粛々と整列し、相手と健闘を称え合う。勝てば、優勝。すなわちリーグ4連覇達成。知らな… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/10/30

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。尊敬する安藤梢からの教えを胸に。

なでしこジャパンPRESS

なでしこ猶本光、ドイツ移籍の覚悟。
尊敬する安藤梢からの教えを胸に。

「いってきます!!」終始笑顔を輝かせた猶本光。そこに涙はなかった。およそ6年半過ごした浦和レッズレディースから、ドイツのSC… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2018/07/10

<歩みをとめない者たち>澤穂希がサッカーと家族に捧げる“全力”人生。

Sports Graphic Number Web

<歩みをとめない者たち>
澤穂希がサッカーと家族に捧げる“全力”人生。

澤穂希は、長い現役生活を力強く駆け抜けた。15歳から20年以上にわたって女子日本代表の一員として戦い、6度のワールドカップ出… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/06/28

復活の秘密は「痩せたので(笑)」。なでしこ岩渕真奈が語る自信と手応え。

なでしこジャパンPRESS

復活の秘密は「痩せたので(笑)」。
なでしこ岩渕真奈が語る自信と手応え。

なでしこジャパンがアジアカップ2連覇を達成し、来年フランスで行われるW杯への出場権を手にした。どうしても7年前のドイツW杯で… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/04/29

新生なでしこ、米国で1勝もできず……。あの猶本光が悔し涙に震えた日。

なでしこジャパンPRESS

新生なでしこ、米国で1勝もできず……。
あの猶本光が悔し涙に震えた日。

7月27日から8月3日、アメリカ西海岸で開催された「2017 Tournament of Nations」。初開催の今回は、開催国アメリカに加え、ブラ… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2017/08/10

なでしこ逆襲へ、東京五輪3年計画。高倉麻子「いつもすべてを賭けて」

Number PLAYBACK

なでしこ逆襲へ、東京五輪3年計画。
高倉麻子「いつもすべてを賭けて」

昨年4月から新生なでしこジャパンを率いる指揮官は、「なでしこに強くいてほしい」という情熱を胸に、日本女子サッカー発展のた… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2017/06/08

なでしこジャパンは生まれ変われるか?横山久美、長谷川唯ら新世代の通信簿。

なでしこジャパンPRESS

なでしこジャパンは生まれ変われるか?
横山久美、長谷川唯ら新世代の通信簿。

新体制になってから初めての国際大会、アルガルベカップを6位で終えたなでしこジャパン。初戦でスペインに負け、続くアイスラン… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2017/03/26

長野から、なでしこのエースへ――。進化し続けるストライカー・横山久美。

なでしこジャパンPRESS

長野から、なでしこのエースへ――。
進化し続けるストライカー・横山久美。

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で、なでしこジャパンが敗退してから、丸1年が経った。ワールドカップ優勝(2011)と準優勝… 続きを読む

松原渓Kei Matsubara

2017/03/25

永里優季が語った「五輪のない夏」。敗退の理由、世論との軋轢、東京。

なでしこジャパンPRESS

永里優季が語った「五輪のない夏」。
敗退の理由、世論との軋轢、東京。

リオ五輪が終了し、息つく間もなく、日本国内には東京五輪ムードが漂い始めた。リオ五輪での功績を讃えるイベントでも、早くも東… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2016/10/20

スウェーデンに歯が立たない現実。なでしこ、世界一への遥かな距離。

なでしこジャパンPRESS

スウェーデンに歯が立たない現実。
なでしこ、世界一への遥かな距離。

悔しい思いとともに帰国したなでしこジャパン。2016年4月から高倉麻子監督による新体制となり、6月のアメリカ遠征に続いて、7月… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2016/07/29

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ