動画・音声

記事を
ブックマークする

【動画インタビュー】「厚底シューズで練習が変わって…」東洋大学・酒井俊幸監督が語る“突き上げるルーキー”と主将・梅崎蓮「マラソン未来図」

2024/07/04
箱根駅伝でチームを3度の優勝に導いている酒井監督
プラン購入後、こちらに動画が表示されます

「非常にレース巧者の走りができたと思います。レース前半で無駄な力を使わずに、勝負どころでうまく位置取りをしていき、最後のラストスパートでは良い位置で上がることができましたので」

猪苗代合宿で練習メニューを説明する酒井監督 Miki Fukano
猪苗代合宿で練習メニューを説明する酒井監督 Miki Fukano

 第100回の箱根駅伝で3位と僅差の4位となり、一時期の低迷から「復活」の狼煙を上げた東洋大学が、今季のトラックシーズンも好調だ。

 関東インカレでは5000m、10000m、ハーフマラソンという長距離の主要種目すべてでダブル入賞。6月23日に開催された全日本大学駅伝予選会では危なげなく2位で通過。しかも予選会は内容が1〜3組で、それぞれ松井、網本佳悟、石田洸介が組トップでゴールするという積極果敢な内容だったのだ。

 その鉄紺軍団を率いる酒井俊幸監督が冒頭のように語るのは、1年生・松井海斗の関東インカレ5000mの走りについてだ。松井はルーキーながら5位に入賞、全日本予選では1組でトップ、そしてU-20日本選手権5000mでも2位と入学早々そのポテンシャルを見せつけている。

全日本予選で好走したルーキー松井 Yuki Suenaga
全日本予選で好走したルーキー松井 Yuki Suenaga

  今回、6月中旬に実施したインタビューでは、梅崎蓮、石田、小林亮太という4年生が「流れを作った」とする関東インカレを振り返ってもらいつつ、高校時代の実績十分で入学してきた松井を始めとするルーキたちの現状について話を聞いた。

 

 動画では、その他にも以下のようなことを聞いている。

 ・ 1年生は駅伝シーズンでも「即戦力」になりそうか?

 ・ お父さんは酒井監督と同級生。ルーキー迎選手の長所とは?

 ・ 主将・梅崎は北海道マラソン、そして●●マラソンに出場予定

 ・ NIKEの厚底シューズ登場以降、練習内容が激変した深い理由

 ・ 市民ランナー必見!酒井監督が「ジョグシューズ」に求めるもの

 駅伝シーズンも大いに期待できる東洋大学。その指揮官の練習、シューズ、そして食事など様々な面での知識、気配り、そして思考の柔軟性が垣間見えるインタビュー、お楽しみください。

 

 動画配信画面は、NumberPREMIERにご入会いただき、ログインすると本ページ上部に表示されます。

会員になると動画を視聴いただけます
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by NIKE

3

0

1

前記事 次記事 関連記事一覧