著者プロフィール 

酒井俊作Shunsaku Sakai

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
世代交代中の阪神を牽引する新主将。福留孝介、若手を鼓舞する40歳の経験。

野球場に散らばった余談として

世代交代中の阪神を牽引する新主将。
福留孝介、若手を鼓舞する40歳の経験。

サッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が決断を下した。W杯アジア最終予選に、ACミランで出番がない本田圭佑を招集… 続きを読む

酒井俊作(日刊スポーツ)Shunsaku Sakai(Nikkan Sports)

プロ野球

2017/03/30

15歳で指名され、一軍は上がれず。辻本賢人「阪神に入ってよかった」

野球場に散らばった余談として

15歳で指名され、一軍は上がれず。
辻本賢人「阪神に入ってよかった」

メタリックなノートパソコンを開き、よどみなくキーボードを叩いて英字を打ち込む。携帯電話が鳴り響くと、耳元に当てる。「原稿… 続きを読む

酒井俊作(日刊スポーツ)Shunsaku Sakai(Nikkan Sports)

プロ野球

2017/01/30

最年少15歳で阪神に指名と、その後。辻本賢人、再挑戦の日々に悔いなし。

野球場に散らばった余談として

最年少15歳で阪神に指名と、その後。
辻本賢人、再挑戦の日々に悔いなし。

久しぶりに彼と会ったのは夏の盛りだった。兵庫・芦屋の焼き鳥屋で知人と飲んでいると、不意に姿を見せた。あどけない表情は消え… 続きを読む

酒井俊作(日刊スポーツ)Shunsaku Sakai(Nikkan Sports)

プロ野球

2016/11/10

今季も正捕手が決まらなかった阪神。学ぶべきは広島ベテランの“生活感”!?

野球場に散らばった余談として

今季も正捕手が決まらなかった阪神。
学ぶべきは広島ベテランの“生活感”!?

やられた、完全にやられた……。新聞記者も顔負けの表現力に何度、うならされたことか。イヤホンの向こうから軽妙洒脱なトークが… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/10/20

福原忍、18年間のプロ生活に終止符。引退登板で恩師を落涙させた「足跡」。

野球場に散らばった余談として

福原忍、18年間のプロ生活に終止符。
引退登板で恩師を落涙させた「足跡」。

学生野球はナインが一堂に会する機会が少ない。キャンパスが異なるため、全員が顔をそろえる機会はめったにない。だから、大切な… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/10/08

交錯した野球人生がまた1つに……。新井貴浩と赤松真人、広島での邂逅。

野球場に散らばった余談として

交錯した野球人生がまた1つに……。
新井貴浩と赤松真人、広島での邂逅。

真っ赤な輪が一瞬、ほどけた。その中心で黒田博樹と新井貴浩が涙を流しながら抱き合っている。テレビで、繰り返し放送された広島… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/09/23

阪神に“掛布二世”の長距離砲を──。中村GMが次代に託したチームの未来。

野球場に散らばった余談として

阪神に“掛布二世”の長距離砲を──。
中村GMが次代に託したチームの未来。

残暑は少しずつ落ち着いてきた。それでも、昼間は太陽が強く照り、汗が噴き出す。こんなとき、“関西の”電車はオアシスだ。東京… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/09/08

日の丸を背負う名誉とメダルの重圧。安藤優也、長嶋監督の言葉を胸に。

野球場に散らばった余談として

日の丸を背負う名誉とメダルの重圧。
安藤優也、長嶋監督の言葉を胸に。

あの吉田沙保里がなすすべなく敗れ去った。インタビュアーの前で泣きじゃくっていた。悔恨の銀メダルをテレビで見届けた阪神の安… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/08/26

「悔いはないか? 後悔してないか?」上園啓史を動かした上原浩治の言葉。

野球場に散らばった余談として

「悔いはないか? 後悔してないか?」
上園啓史を動かした上原浩治の言葉。

リュック1つで日本を旅立ってから、まだ4カ月しかたっていないのに、初めて降り立った異国にすっかりなじむ。近所のパン屋で朝食… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/08/15

虎の主将、ついにスタメンを外れる。金本監督の胸中と、意地を見せた鳥谷。

野球場に散らばった余談として

虎の主将、ついにスタメンを外れる。
金本監督の胸中と、意地を見せた鳥谷。

白い砂浜、青々とした東シナ海、生い茂ったヤシの木には目もくれなかった。沖縄の朝は早い。午前6時過ぎ、眠たげな目をこすりな… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/07/28

フルイニング出場が危ぶまれる鳥谷敬。臆病になれる男が秘める矜持と根性。

野球場に散らばった余談として

フルイニング出場が危ぶまれる鳥谷敬。
臆病になれる男が秘める矜持と根性。

10年以上も前の話だ。ずっとずっと昔から、野球記者として生きてきたベテランの大先輩から唐突に問いかけられたことがあった。「… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/07/15

苦戦が続いても、若虎強化は辛抱強く。金本阪神、“超変革”のロマンを追う。

野球場に散らばった余談として

苦戦が続いても、若虎強化は辛抱強く。
金本阪神、“超変革”のロマンを追う。

「明日から二軍だ」首脳陣から降格を告げられた若手は荷物をまとめ、キャリーバッグを引きながら、野球記者の目の前をとぼとぼと… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/06/30

都市対抗に出場する元阪神、玉置隆。背中を押した、福留と球児の言葉。

野球場に散らばった余談として

都市対抗に出場する元阪神、玉置隆。
背中を押した、福留と球児の言葉。

数年前のオフ、焼き肉を食べながら、まだ「プロ野球選手」だったかれが、何げなく話す言葉が印象的だった。「知らない携帯番号か… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/06/17

阪神に現れた生え抜きの正捕手候補。“育成落ち”原口文仁とスカウトの物語。

野球場に散らばった余談として

阪神に現れた生え抜きの正捕手候補。
“育成落ち”原口文仁とスカウトの物語。

現役を退いてから23年がたつというのに、こんな喜びもあるのか……。かつて中日、巨人を優勝に導くなど球界を代表する正捕手だっ… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/06/01

野球の華、レーザービームが消える?コリジョンルールが生む困惑の数々。

野球場に散らばった余談として

野球の華、レーザービームが消える?
コリジョンルールが生む困惑の数々。

これから、ちょっとあいまいな話を書く。分かりにくくて恐縮だが、監督やコーチ、選手だけでなく、審判までもが首をかしげるから… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/05/19

阪神の左腕、岩貞祐太がついに変貌!きっかけは筒香嘉智への「その1球」。

野球場に散らばった余談として

阪神の左腕、岩貞祐太がついに変貌!
きっかけは筒香嘉智への「その1球」。

なぜか、広島でよく行くつけ麺屋に飾られた色紙を思い出した。マラソンランナーだった大学の同期がしたためたものだ。几帳面な字… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/05/04

「フクハラサン、元気にしてますか?」米国で大活躍、元阪神・呉昇桓の仁義。

野球場に散らばった余談として

「フクハラサン、元気にしてますか?」
米国で大活躍、元阪神・呉昇桓の仁義。

伝統の“Birds on the Bat”がよく映えていた。分厚い胸板は変わらない。赤い帽子をかぶり、グレーのユニホームを着こなし、相変… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/04/22

若虎の未来は本塁打王か、盗塁王か!?横田慎太郎の底知れぬ成長曲線。

野球場に散らばった余談として

若虎の未来は本塁打王か、盗塁王か!?
横田慎太郎の底知れぬ成長曲線。

「最敬礼」、「破竹の進撃」、「ニヤリとする」……。スポーツ新聞の記事に登場する、いわゆるギョーカイ用語である。野球記者に… 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/04/06

金本知憲監督もノータッチの新人。阪神の新人・高山俊は“モノが違う”。

野球場に散らばった余談として

金本知憲監督もノータッチの新人。
阪神の新人・高山俊は“モノが違う”。

オープン戦まっただ中の3月中旬、誰ともなく、虎番がつぶやいた。「やっぱり野手は助かるな。毎日、試合に出てくれるから」。 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/03/22

来日3年目の阪神・ゴメスが別人に!鉄人が主砲に伝授した4番打者の重み。

野球場に散らばった余談として

来日3年目の阪神・ゴメスが別人に!
鉄人が主砲に伝授した4番打者の重み。

当たり前なのだろうが、沖縄のラジオでしゃべるDJはみんな沖縄弁だ。誰も標準語を話さない。それが妙に不思議で、妙に心地いい。 続きを読む

酒井俊作Shunsaku Sakai

プロ野球

2016/03/04

ページトップ