著者プロフィール 

熊崎敬Takashi Kumazaki

1971年岐阜県生まれ。サッカー専門誌編集者を経てフリーに。様々な取材で世界各地を渡り歩く日々を送っている。著書に『ゴール裏で日向ぼっこ』『JAPANサッカーに明日はあるか』、共著に『ブブゼラ!』がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
教え子7人中3人が東京2020へ。パラ卓球、メキシコで輝く日本人指導者。

スポーツは国境をこえる

教え子7人中3人が東京2020へ。
パラ卓球、メキシコで輝く日本人指導者。

2017年11月25日は、東アフリカ・タンザニアの女性にとって記念すべき一日となった。というのも同国で初めて、女性だけの陸上大会… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

パラスポーツ

2020/02/27

<エールの力2019 vol.7>野口啓代「大声援の力で限界を超えられる」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.7>
野口啓代「大声援の力で限界を超えられる」

スポーツクライミング日本代表の野口啓代さんは、恐らく世界一“壁と過ごした”アスリート。大げさではない。牧場を営む父がクラ… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2020/02/25

タンザニア初、女子陸上大会の開催。立ち上げに関わった日本人女性の思い。

スポーツは国境をこえる

タンザニア初、女子陸上大会の開催。
立ち上げに関わった日本人女性の思い。

2017年11月25日は、東アフリカ・タンザニアの女性にとって記念すべき一日となった。というのも同国で初めて、女性だけの陸上大会… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

陸上

2020/02/13

パラ陸上でザンビアから東京2020へ。アルビノの少女を支えた、日本人指導者。

スポーツは国境をこえる

パラ陸上でザンビアから東京2020へ。
アルビノの少女を支えた、日本人指導者。

世界中で活動する日本のボランティア。その中には、スポーツを通じて社会に貢献する人々の頼もしい姿がある。例えばJICA海外協力… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

パラスポーツ

2020/01/30

<エールの力2019 vol.6>鈴木啓太「今も心の中でこだまする大声援」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.6>
鈴木啓太「今も心の中でこだまする大声援」

浦和レッズひと筋16年。アジア屈指と評される地響きのような大声援を浴びてきた鈴木啓太さんには、忘れられないふたつの試合があ… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2020/01/27

J開幕前のスター、サントスが見た“王国静岡”の高校サッカー。

Number Ex

J開幕前のスター、サントスが見た
“王国静岡”の高校サッカー。

「カズから教えてもらっていたけど、高校サッカーの人気にはびっくりしたね。ブラジルではユースの大会に5万人も入るなんてあり… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

高校サッカー

2020/01/22

<エールの力2019 vol.5>畠山愛理「大歓声を浴びる宝物のような時間」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.5>
畠山愛理「大歓声を浴びる宝物のような時間」

スポーツキャスターとして多方面で活躍する畠山愛理さんには、小学生時代の修学旅行の思い出がない。クラスメイトが大はしゃぎし… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/12/16

<エールの力2019 vol.4>白濱僚祐「試合の流れを呼ぶ大歓声」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.4>
白濱僚祐「試合の流れを呼ぶ大歓声」

秋田県は日本有数のバスケットボールどころ。B1リーグを戦う秋田ノーザンハピネッツの本拠地「CNAアリーナ☆あきた」は、地響き… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/11/25

「無理せず、慌てず、攻め急がず」J2徳島に根付くリカルド監督の思考。

JリーグPRESS

「無理せず、慌てず、攻め急がず」
J2徳島に根付くリカルド監督の思考。

敵のプレスを適度に受けながら、いいポジショニングとテクニックを駆使することでボールをつなぎ、最後のところで勝負を仕掛ける… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/11/21

<エールの力2019 vol.3>中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.3>
中澤佑二「相手への大声援も自分の力に」

Jリーグ歴代3位の593試合に出場、日本代表7位となる110キャップを誇る中澤佑二さんは、幾多の激戦をくぐり抜けた歴戦の強者。声… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/10/28

マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

JリーグPRESS

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

「勝つのは大事ですが、私はどう勝つかということを大事にしています。自分たちがやりたいサッカーで勝ちたい。結果も大事ですが… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/10/24

浦和サポーターの熱に不調はない。改めて感じた、心強すぎる後押し。

JリーグPRESS

浦和サポーターの熱に不調はない。
改めて感じた、心強すぎる後押し。

J1では残留争いに巻き込まれ、天皇杯ではアマチュアのHonda FCに不覚を取った。そんな不振のチームがアジアで快進撃を見せている… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/10/06

<エールの力2019 vol.2>畠山健介「歴史的勝利に導いた声の力」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.2>
畠山健介「歴史的勝利に導いた声の力」

密集でタフに身体を張るだけでなく、抜群の機動力を生かして攻守のあらゆる局面に絡む。日本ラグビー界屈指のフォワード、畠山健… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/09/27

日本はあっさり、中国はこってり。ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。

JリーグPRESS

日本はあっさり、中国はこってり。
ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。

2試合合計1-1。アウェーゴールの差で広州恒大が鹿島を下したACL準々決勝第2戦は、最後の最後まで目を離せない好ゲームだった。 … 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/09/20

<エールの力2019 vol.1>山本昌「忘れられない大歓声の記憶」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 vol.1>
山本昌「忘れられない大歓声の記憶」

だれが呼んだか「中年の星」。日本プロ野球初の50代選手となった山本昌さんは、だれよりも声援を浴びてきたアスリートだ。31年に… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/08/29

<エールの力2019 特別編>木村沙織「沸き上がる大声援と一緒に戦っていた」

Sports Graphic Number Web

<エールの力2019 特別編>
木村沙織「沸き上がる大声援と一緒に戦っていた」

2017年3月に現役を退いた木村沙織には、声に救われた忘れられない記憶がある。表彰台に立ったロンドンの栄光から3年後、コートで… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

PR

2019/08/28

猛暑のなか9試合無敗、首位も撃破。絶好調・J1広島の省エネサッカー。

JリーグPRESS

猛暑のなか9試合無敗、首位も撃破。
絶好調・J1広島の省エネサッカー。

夏の王者はサンフレッチェ広島。8月17日、広島はアウェーで首位のFC東京を破り、4位に浮上。6月14日の湘南ベルマーレ戦以来、J1… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/08/23

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。マリノスに降り注いだ拍手の正体。

JリーグPRESS

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。
マリノスに降り注いだ拍手の正体。

タイムアップの瞬間、日産スタジアムは6万5千人の大拍手に包まれた。この拍手を言葉にすると、「好ゲームをありがとう」になる。… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/07/31

優勝のジンクスは守られたが……。ブラジル代表は雲の上の存在に?

海外サッカーPRESS

優勝のジンクスは守られたが……。
ブラジル代表は雲の上の存在に?

ジンクスは守られた。悲惨な結末を迎えた過去2度のワールドカップとは異なり、ブラジルは地元でのコパ・アメリカでは無敵の強さ… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

海外サッカー

2019/07/08

セレソンを支える頼もしい主将。36歳ダニエウ・アウベスの味わい。

海外サッカーPRESS

セレソンを支える頼もしい主将。
36歳ダニエウ・アウベスの味わい。

ブラジルとアルゼンチンが激突したコパ・アメリカ準決勝。その日、昼前に宿を叩き出された。行くところもないので、スタジアムに… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

海外サッカー

2019/07/06

1 2 3 4 5 6 NEXT >>
『JAPANサッカーに明日はあるか』

文春文庫

『JAPANサッカーに明日はあるか』

南アで日本のサッカーは進化できるのか? 日本代表選手の技量、監督の指揮力、メディアや協会の体制、サポーターの意識など、日本サッカーの総合力を草創期から徹底検証。

<本体524円+税/熊崎敬・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ