SCORE CARDBACK NUMBER

主役の決まった牝馬路線、
牡馬のヒーローは?
~クラシック戦線を展望する~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2011/03/13 08:00

主役の決まった牝馬路線、牡馬のヒーローは?~クラシック戦線を展望する~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

エンジンがかかるまでが遅いレーヴディソール。スタートから勝負できれば怖いものなし

 寒さのせいでいまひとつ実感がわかないが、競馬のスケジュールは春に向かって待ったなしに進行中。気づけば、クラシック第1弾の桜花賞(4月10日、阪神芝1600m)まで1カ月、翌週には皐月賞(4月17日、中山芝2000m)が待ち構えている。有力馬を抱える関係者にしてみれば、すでに秒読みの声に急かされている気分に違いない。

 牝馬路線にはレーヴディソール(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)という揺るぎない中心馬が存在していて、かつてないほどの平穏ムードを作り出している。デビューから、新馬、デイリー杯2歳S、阪神ジュベナイルフィリーズと3連勝。その内容が他馬を子供扱いする、豪快な差し切り勝ちの連続なのだ。スタートが遅いという唯一の欠点は見えるものの、松田博調教師はそこをあえて矯正しようともしない。型にはめずに、持てる才能を存分に伸ばそうという方針なのだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~

関連記事

レーヴディソール

競馬の前後の記事

ページトップ