SCORE CARDBACK NUMBER

地方牝馬の重賞シリーズ、
2年目のGDJを占う。
~グランダム・ジャパン開幕へ~ 

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2011/03/26 08:00

地方牝馬の重賞シリーズ、2年目のGDJを占う。~グランダム・ジャパン開幕へ~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

昨年の2歳シーズン優勝のクラーベセクレタと川島調教師。今年の3歳シーズンの中心馬

 昨年から地方競馬で始まった牝馬の重賞シリーズ、グランダム・ジャパン(GDJ)の2011シーズンが開幕する。GDJには春の3歳シーズン(7戦)、夏の古馬シーズン(7戦)、そして秋からの2歳シーズン(5戦)と三つのカテゴリーがあり、それぞれレースの着順でポイントが与えられ、ポイント上位の3頭に生産者団体からボーナスが支給される。

 GDJは「牝馬レースの振興と入厩の促進」を標榜しているように、牝馬の活躍の場を広げることで、馬主の目を向けさせようという狙いがある。牝馬は牡馬と比べると価格が安く、中小の牧場では売れ残る馬さえいる。そうした状況を考えれば、地方競馬の牝馬にスポットライトが当たる意義は小さくない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新・黄金世代の挑戦。

Sports Graphic Number 775

新・黄金世代の挑戦。

 

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ