SCORE CARDBACK NUMBER

小山知良の無念に、
日本勢の未来を憂う。
~WGP125の仁義なきシート争い~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2011/02/22 06:00

小山知良の無念に、日本勢の未来を憂う。~WGP125の仁義なきシート争い~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

昨季の最終戦で、WGP通算100レース参戦を達成。7年目に向け期待が高まっていた

 今季、タイトルを期待されていたWGP125ccクラスの小山知良がGP参戦を断念、スペイン選手権に戦いの舞台を移すことになった。契約更改する予定だったレーシングチーム・ジャーマニーが、小山に対して資金持ち込みを求めたため破談となってしまったのだ。

 昨季の小山は、ドイツGPの2位を最高位に総合8位。アプリリアの最新型RS125RSAが全盛を誇っているなか、旧型のRSWで大健闘。トップ10ではただひとりのRSWユーザーとして高い評価を受けていた。

 そのため、チームも小山の続投を明言。今季は最新型RSAを投入することで話し合いが進んでいた。しかし、同クラスで総合7位のS・コルテーゼが、これまで所属していたチームが消滅したため、急遽、スポンサー持ち込みでレーシングチーム・ジャーマニーに移籍した。持ち込んだ資金は20万ユーロ以上といわれる。そのため同チームは、小山に対して35万ユーロの資金持ち込みを要求し、交渉は決裂してしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

小山知良

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ