SCORE CARDBACK NUMBER

大人のテニスを模索する
錦織圭の新たな課題。
~全豪3回戦進出の快挙の裏~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/02/10 06:00

大人のテニスを模索する錦織圭の新たな課題。~全豪3回戦進出の快挙の裏~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全豪では1、2回戦と格上の相手をくだし、日本人男子46年ぶりの3回戦進出を果たした

 この全豪での錦織圭のテーマは堅実さだった。今季から、アンドレ・アガシらを指導したブラッド・ギルバートがコーチについた。選手時代から策士として知られたギルバートは『ウイニング・アグリー』(直訳すれば、醜く勝つ)なる本も書いている。格好良く勝つ必要はない、格好悪く勝つべし、が彼の哲学だ。その薫陶を受けた錦織は、全豪で早速、2011年バージョンのテニスを披露した。アクロバティックな魅せるテニスは卒業し、安定した大人のテニスに脱皮しようとしたのである。

 しかし、彼自身「いいプレーができていた」と語った1、2回戦のプレーは、見ていてピンと来なかった。持ち味である創造性が影を潜めていたからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アジア杯激闘録。~ザックジャパン総力特集~

関連記事

錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ