海外の現場からBACK NUMBER

大先輩2人の背中を追って。佐々木麟太郎の豪快な第一歩。

posted2024/07/04 09:01

 
大先輩2人の背中を追って。佐々木麟太郎の豪快な第一歩。<Number Web> photograph by Getty Images

スタンフォード大は270勝右腕マイク・ムシーナらメジャーリーガーを多数輩出

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今や、メジャー各球団の駐日スカウト陣が、日本の高校生を視察するため、甲子園だけでなく、各地方大会まで足を運ぶことは珍しくない。高校通算最多の140本塁打を記録した佐々木麟太郎の名前は、早い時期から各球団の編成担当の間では広く知られていた。

 その佐々木が名門スタンフォード大へ進学したことは、米国内でも報じられた。3月の渡米後には紅白戦で放った特大アーチがSNS上で伝えられた。ルール上、9月まで公式戦に出場できない立場から、有望大学生らが集うMLB「ドラフトリーグ」にトレントン・サンダーの一員として参加。6月11日のデビュー戦でいきなり特大の2ランを放ったことに加え、メジャーで活躍する大谷翔平、菊池雄星と同じ花巻東高出身という話題性もあり、一気に注目度はアップした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
NumberWeb有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

NumberWeb有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐々木麟太郎
スタンフォード大学
大谷翔平
菊池雄星
花巻東高校

MLBの前後の記事

ページトップ