濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

「天性のアイドル力を持っている」美術学生→新人女子プロレスラーに…中野たむも絶賛する玖麗さやかのポテンシャル「応援したくなるんですよ」 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2024/05/19 11:01

「天性のアイドル力を持っている」美術学生→新人女子プロレスラーに…中野たむも絶賛する玖麗さやかのポテンシャル「応援したくなるんですよ」<Number Web> photograph by Essei Hara

2023年12月25日にデビューしたスターダムの新人女子レスラー・玖麗さやか

 呆然としながら、それでも強気なところを見せたのが印象に残っている。

「でも勝ちは勝ちなので」

 中野たむ率いる人気ユニット「コズミック・エンジェルズ」(コズエン)入りをアピールすると、同年デビューですぐ上の先輩であるさくらあやとのコズエン見習い対決を経験。2人揃ってのユニット入りを果たし、今度は新人王座フューチャー・オブ・スターダム挑戦を表明した。自力勝利のない選手がタイトル挑戦。風当たりもあったが「やりたいことがあったら実現させないと気が済まないんです。プロレスラーにもそうやってなったので」と言う。

中野たむの絶賛「天性のアイドル力を持っている」

 そんな玖麗のポテンシャルを早くから認めていたのが中野たむだ。「天性のアイドル力を持っている」と玖麗を評する。

「見てると自然に応援したくなるんですよ。それは未熟だから、弱いからというだけじゃない。応援したくなるというのはアイドル的な能力だと思います。でも不思議なんですよ。コズエンはみんな芸能活動を経験してるんですけど、玖麗だけはそうじゃない。“魅せる”にはどうすればいいか、経験値として知ってるわけではないんです。なのに目が離せない。今まで見たことがないタイプですね、玖麗は」

 難易度の高い技を使うわけではない。いわゆるプロレスラーらしい、力強い立ち居振る舞いができるわけでもない。でもそこがいい、ということもあるのがプロレスだ。リング上、不安に押し潰されそうな顔をしながら、それでも目に力を込める。ファンの声援を聞いて、腰のあたりで小さく拳を握る。たむの言う“アイドル”とは職業のことではなく、存在のあり方のことなのだ。

 プロレスラーらしくはないけれど、プロレスに向いている、ということなのだろう。玖麗を見ているとそう思う。本人もレスラーとしての手応えを掴んでいる。

「ちょっとずつですけど成長できてるのかなって。コズエンに入ることができたのも自信になりました。自分にワクワクするというか、可能性を感じることができたんです」

「今はまっすぐ闘いたいです」

 プロレス界に入って発見したのは「自分は目標に向かって頑張れる人間なんだ」ということ。楽しいことばかりではないが、だからこそ面白いと思っている。

「辛い時とか“わー!”ってなる時もあるんですけど。でも何もない平坦な人生よりはいいなって。これからもいろんなことが起きてほしいです」

 そんな性格もあり、またプロレスを知ってからの期間が極端に短いこともあってか、今の玖麗は乾いたスポンジのように“プロレス”のさまざまな要素を吸収している。フューチャー王座挑戦前後のコメントの違いも興味深かった。

【次ページ】 「いろんな人に言われて、それが悔しくて…」

BACK 1 2 3 NEXT
スターダム
玖麗さやか
中野たむ
コズミック・エンジェルズ

プロレスの前後の記事

ページトップ