酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

大谷翔平の試合でおなじみ「ピッチクロックで“25分短縮”」に米国はポジティブ…WBC連覇へ「平均3時間11分」NPBも導入必須では?

posted2023/10/09 11:00

 
大谷翔平の試合でおなじみ「ピッチクロックで“25分短縮”」に米国はポジティブ…WBC連覇へ「平均3時間11分」NPBも導入必須では?<Number Web> photograph by Ezra Shaw/Getty Images

大谷翔平の試合を見ているとよく目にしたピッチクロック。日本プロ野球でもやはり導入の必要性がある?

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Ezra Shaw/Getty Images

 今季も最終盤を迎えている。順位争いが絡んだ試合になると、バッテリー間のサインの交換も頻繁になる。走者へのけん制も増える。投手交代も増える。5回の時点で試合時間が2時間を経過すると「ああ、また3時間半ゲームか」と思うことも多くなった。

 今季のMLBの試合中継、例年通りパソコンに向かいながら視聴していたが、大谷翔平が出ている試合でも「あっという間に終わった」印象があった。今季から「ピッチクロック」が導入されたことで、試合時間が大幅に短縮されたのだ。

〈2019年以降のMLBの平均試合時間(9回)の推移〉
2019年:3時間10分
2020年:3時間6分
2021年:3時間10分
2022年:3時間6分
2023年:2時間42分

 昨年に比べて今年の試合時間は約13%、25分も短縮されたのだ。これは劇的な変化だと言うべきだろう。

 MLBは、北米4大スポーツ(ナショナルフットボールリーグ=NFL、ナショナルバスケットボールアソシエーション=NBA、ナショナルホッケーリーグ=NHL、MLB)の中では最古の歴史を誇るが、それだけに高齢のファンが多く、若年層からの支持が弱かった。プロスポーツのマーケットでは守勢に回っていた。

1試合3時間超の長さはネックだった

 とりわけ最大のネックは「試合時間の長さ」だった。

 NFL:15分×4クオーター
 NBA:12分×4クオーター
 NHL:20分×3ピリオド
 MLB 時間無制限9イニングス ※1試合平均3時間超

 NFL、NBA、NHLではハーフタイムショーやインターバルなどでたっぷり時間をとるので、スタジアム滞在時間は3時間前後になるが、試合で集中する時間はMLBの半分以下だ。こうしたスピーディな試合展開に慣れた若い世代にとって、延々と試合をするMLBは悠長で耐え難いものとなっていた。

 2015年に就任したMLBのロブ・マンフレッドコミッショナーは、MLBに若いファンを呼び込むために「時短」施策を次々と打ち出した。

2017年:申告敬遠
2020年:ワンポイントリリーフの禁止、延長タイブレークの導入

あらためて「ピッチクロック」ってどんなルール?

 延長タイブレークの導入は、新型コロナ禍対策という側面もあったが、選手にも好評で継続された。

【次ページ】 NPBの平均試合時間はどうなってる?

1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ピッチクロック

MLBの前後の記事

ページトップ