甲子園の風BACK NUMBER

“慶応のプリンス”報道は「いじられてます」荒ぶる“WBC大谷翔平ポーズ”にクールな出塁力…「高校野球の常識を覆す」中心に丸田湊斗あり 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2023/08/20 06:00

“慶応のプリンス”報道は「いじられてます」荒ぶる“WBC大谷翔平ポーズ”にクールな出塁力…「高校野球の常識を覆す」中心に丸田湊斗あり<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

慶応のリードオフマン丸田湊斗。バット、俊足、立ち振る舞いで陸の王者を加速させる

 チーム内では、プリンスのイメージは浸透していないという。主将の大村昊澄選手は丸田について「みんなにいじられていますね。多少クールなところはあるかもしれませんが、プリンスという感じは……」と表情を崩す。

 そして、こう続けた。

「試合の流れを読むのが上手い選手だと思っています。どんな形で出塁するのか、長打が必要な場面なのかなど、常に自分が求められている役割を考えてベストを尽くす選手です」

注目されたりするのは肯定的に捉えています

 慶応が夏の甲子園でベスト4に入るのは103年ぶりとなった。強さに加えて、脱丸刈りをはじめとする選手の自主性を尊重するチームカラーは、勝ち上がるごとに注目を高めている。その象徴とも言える丸田は言う。

「歴史をつくれたことはうれしいですが、日本一が目標というところは変わりません。日本一になるための一戦、過程でしかありません。チームとしては日本一の他にも、高校野球の常識を覆すことを目標にしているので、自分たちのスタイルが話題になったり、注目されたりするのは肯定的に捉えています」

 慶応には日本一という大目標に加えて、「サブタイトル」がある。「高校野球の常識を覆す」。丸刈りにしなくても、監督を「さん付け」で呼んでも、全国の頂点に立てる。慶応は選手を管理するイメージが強い高校野球に風穴を開けようとしている。

 その中心に丸田がいる。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
丸田湊斗
慶應義塾高校
森林貴彦
大村昊澄
大谷翔平

高校野球の前後の記事

ページトップ