SCORE CARDBACK NUMBER

「プライドも捨てた」強い桃田賢斗は帰ってくるか? バドミントン“2年ぶりの日本一”までの葛藤の日々〈2020年の交通事故から完全復活へ〉

posted2023/01/28 06:00

 
「プライドも捨てた」強い桃田賢斗は帰ってくるか? バドミントン“2年ぶりの日本一”までの葛藤の日々〈2020年の交通事故から完全復活へ〉<Number Web> photograph by Itaru Chiba

決勝で西本拳太との同学年対決を制した桃田。54分の激闘直後はコート上で大の字になった

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 結果以上の価値を感じさせる、胸を打つ優勝劇だった。バドミントンの日本一を決める全日本総合選手権が昨年12月下旬に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行なわれ、男子シングルスの元世界ランク1位、桃田賢斗(NTT東日本)が2年ぶり5度目の優勝を飾った。

 ワールドツアーで1、2回戦負けが続くなど不振を極めた昨年は、この大会が年間で手にした初タイトル。決勝で西本拳太に快勝すると、ガッツポーズで拍手に応えた。

 優勝会見では「苦しい中、自分で考えて、考えて、考え抜いての今回の優勝。今までと比べものにならないぐらい嬉しい」という言葉が印象的だった。背景にあるのは'20年1月に遠征先のマレーシアで見舞われた交通事故だ。眼窩底骨折などの重傷を負った桃田は、実戦不足のまま出場した'21年東京五輪で1次リーグ敗退。コロナ禍が明けて大会数がほぼ元に戻った昨年は事故の影響がさらに顕著に表れ、勝利から遠ざかった。

 東京で開催された8月の世界選手権で2回戦負け。翌週のジャパンオープンは1回戦で姿を消し、そのタイミングで気持ちを固めた。

「事故で感覚や経験はすべてゼロになった。昔の自分を追い求めるのはもうやめた。プライドも捨てた」

「強い桃田賢斗」は帰ってくるか?

 その後のワールドツアー欠場を決め、国内で土台作りから再スタート。厳しい反復メニューを自分に課し、「1時間ノックでは本当に倒れるかと思った」という。

 ターゲットとしたのは世界トップに水をあけられる要因となったハイスピードスマッシュの返球。考え抜いた末にたどり着いたのは、スピード対応そのものよりも、打たれる1本前のショットの改善だ。

「ヘアピンで相手をネット前に寄せてからロビングを打つことで、相手を打ちづらい体勢にさせることや、高さを打ち分けて相手のタイミングをずらすこと。色々なことを試行錯誤しながら練習した」(桃田)

 今回はあくまで国内大会であり、「以前のような柔らかいディフェンスはもうできなくなってしまったという感覚がある」とも吐露したように、不安が一掃された訳ではない。けれども、自分の弱点に正面から向き合って乗り越えたことの意義は大きい。'23年はもう一度「強い桃田賢斗」を世界に見せるための1年。桃田自身が一番それを信じている。

<「体・技・心」の時代が来た?>超一流の筋肉。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1066

<「体・技・心」の時代が来た?>超一流の筋肉。

【ロングインタビュー】井上尚弥「4団体統一の肉体」

【三笘薫からメッシまで】W杯戦士たちの筋肉美

【剛腕投手の上半身】山﨑颯一郎「160km投げるために」

【引退カウントダウン】武藤敬司「プロレスラーは背中が命」

【筋肉の変化を語る】髙橋藍/谷川兄弟(体操)

【証言で辿る】千代の富士「鋼の胸板の真相」

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

桃田賢斗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ