ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

やり直しに懸ける不屈の男。
~『真相 マイク・タイソン自伝』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/09/16 10:00

やり直しに懸ける不屈の男。~『真相 マイク・タイソン自伝』~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『真相 マイク・タイソン自伝』マイク・タイソン著 ジョー小泉監訳 棚橋志行訳 ダイヤモンド社 2700円+税

 先日、ある20代の男性と話していたらマイク・タイソンを知らないというではないか。驚きである。あれだけ激甚で鮮烈、圧倒的な瞬間最大風速を記録したボクサーを、僕はタイソン以外知らない。けれど、偉大な選手なら負けるはずもない相手に不覚をとったり、晩年は無残な敗北を続けたり、キャリア全体のレコードはそこそこ。だから、ボクシングの正史には記しづらい。データの上ではなく、人の記憶にしか残らないゆえ、マイク・タイソンは忘却されてゆくのか。

 いや、そうではない。タイソンはこの自伝で、自らの半生を赤裸々に語りながら、僕らに新しいタイソン像を提示する。強盗団で悪さを働いていた時代から、ボクシングと、そしてカス・ダマトとの出会い。伝説的トレーナーとの二人三脚を経て、ダマトの死、最年少世界ヘビー級チャンピオンへ登り詰める前半。一方、世界チャンプという目標達成後の後半部分は、急降下どころか、落下型のジェットコースターだ。プロモーターや妻の裏切り、レイプ裁判、耳噛み事件、刑務所暮らし、ライセンス剥奪、破産、アルコールとドラッグの中毒、そして4歳の娘の死。その堕ち方にも歯止めが利かない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 161文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

関連記事

マイク・タイソン

ボクシングの前後の記事

ページトップ