Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[十種競技に必要なバランス]右代啓祐「“体脂肪3%が理想”は幻想でした」

posted2023/01/14 07:03

 
[十種競技に必要なバランス]右代啓祐「“体脂肪3%が理想”は幻想でした」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

自己記録を出した9年前の体を追い求めて、“キング・オブ・アスリート”はもがいていた。しかし、己の体を知ることで考えは変わった。新たなスタイルを作ろうとする36歳の挑戦とは。

 日本の十種競技において、右代啓祐は特別な人だ。

 2日間で「走る、跳ぶ、投げる」というすべての要素が試されるこの競技で、日本選手権優勝8回、アジア大会は2連覇を達成。オリンピックではロンドン、リオデジャネイロ(開閉会式の旗手も務めた)の2大会に出場した。

 そしてその存在感は、競技場で一層際立つ。右代は自分を叱咤するだけでなく、他の競技者にも「ここだぞ!」といった激励の声をかける。ライバル関係を超越し、同胞のパフォーマンスを引き出そうとする「指揮者」のような存在なのだ。その右代がいま、肉体改造に取り組んでいる。

「2014年の日本選手権で、日本新記録となる8308点を出しました。それ以来、当時の27歳の体が自分にとってのベスト、“理想像”になり、頭の中のメモリーが'14年の状態を求めるようになっていました」

 右代の肉体は、彫刻のように美しい。スタジアムで見ると、張りのある上半身に加え、膝下の長さ、細さが目を引く。当時の体脂肪率は3%。それを維持するために自身に課したのは節制だった。

「みなさんが食べるのと同じくらい、毎食を700キロカロリーほどに抑えて、'14年の体を維持しようとしてたんです。でも、僕は基礎代謝が2800くらいあって、それにプラスしてトレーニングをしますから、1日に3500から4000くらいは消費します。そうすると、自然の摂理で体重は減っていくばかりです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2505文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

右代啓祐
栗原秀文
朝原宣治

陸上の前後の記事

ページトップ