Number on NumberBACK NUMBER

10種競技の快記録。
~日本人の壁を破った右代啓祐~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/07/06 06:00

10種競技の快記録。~日本人の壁を破った右代啓祐~<Number Web> photograph by KYODO

川崎市等々力陸上競技場で行われた日本選手権混成競技。最終日の6月5日、男子十種競技で日本新記録をマークして笑顔を見せる右代啓祐

 単なる決まり文句ではなく、論理的な結論としても「キング・オブ・アスリート」といえば、陸上競技・10種競技の金メダリストになる。パワーとスピード。瞬発力と持久力。「運動能力」と呼ばれるもの、すべてを兼ね備えた総合アスリート。日本における注目度はあまり高くないが、それは長らく、世界で戦える日本人の10種競技選手がいなかったからだろう。

 6月5日、そういった状況を一気に変革する記念碑的な快記録が誕生した。日本陸上選手権・混成競技の最終日、10種競技で右代(うしろ)啓祐(スズキ浜松AC)が8073点の日本記録を樹立したのである。それまでの日本記録は1993年に金子宗弘(ミズノ)が記録した7995点。8073点は18年ぶりの日本記録であるとともに、日本人初の8000点オーバーという日本陸上界念願の記録だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

右代啓祐
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ