Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[お笑い×ボディビルの原点]なかやまきんに君「筋肉のパワー!が未来を映し出す」

posted2023/01/13 07:02

 
[お笑い×ボディビルの原点]なかやまきんに君「筋肉のパワー!が未来を映し出す」<Number Web> photograph by Masataka Kougo

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Masataka Kougo

定番ネタは大バズりし、CM出演本数も激増。芸歴20年超、ようやく時代が彼に追いついた。福岡の筋トレ青年による地道な継続の結実。本人の言葉から、その原点と原動力を探った。

 こんなムキムキになりたいわけじゃないんだよな。

 ジムの壁に貼ってあったポスターを見て、高校3年生の中山翔二は思った。

 バスケ部を引退した後、少し体を鍛えてみようと足を運んだ福岡市東区の本格的なトレーニングジム。今のように街中にジムがあるのが当たり前ではなく、電話帳をめくって見つけたのが自宅から30分以上かかるその場所だった。

 ポスターに写っていた谷野義弘は、1994年のボディビルジャパンオープン王者。「ちょっと運動ができればくらいの感じだった」という17歳が、そのバキバキの肉体に戸惑ったのも無理はない。彼はまだ“きんに君”ではなかったし、長い長い筋肉人生の入口に立ったところだった。

「一番最初にやったのはベンチプレスでした。初日は50kgも上がらないぐらいだったと思いますが、毎週毎週、記録がちょっとずつ伸びていくんです。フォームも覚えるしコツも掴めるので、最初の頃は強くなりやすい。頑張って追い込んだ翌週に大きく記録が伸びたりして、うれしいと同時に楽しくなっていきました」

 慣れてくるとジムの先輩たちが補助に入ってくれるようになる。通い始めて3、4カ月が過ぎた頃、その日は社会人のラガーマンがついてくれた。

「さあ来いっ! さあ来いっ!」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3167文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

なかやまきんに君
原西孝幸
高橋茂雄

他競技の前後の記事

ページトップ