ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

1071日ぶりの優勝…石川遼が“30代初栄冠”を「手放しで喜べない」理由とは?「もっと自分を磨ける、まだまだデコボコだな……と思う」 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/11/16 17:02

1071日ぶりの優勝…石川遼が“30代初栄冠”を「手放しで喜べない」理由とは?「もっと自分を磨ける、まだまだデコボコだな……と思う」<Number Web> photograph by KYODO

三井住友VISA太平洋マスターズ最終日、プレーオフを制してツアー通算18勝目を挙げた石川遼(31歳)。3年ぶりのウイニングパットを沈めて空を見上げた

 厳しい戦いが続いた期間、それこそ石川にはこの秋に優勝のチャンスが巡ってきていた。9月、北海道でのANAオープン。6打差の5位からスタートした最終日に「65」をマーク。圧巻の猛チャージで大槻智春と並ぶ首位タイでホールアウトした。

 当時は今大会よりもショットが高精度にあった。

「あまりに流れも良くてパットも決まっていた。『頑張ってきた成果が出てきたなあ』と後半、浸っている部分があったんです」

 それが、誰もがあっと驚く幕切れに。18番パー4でのプレーオフ1ホール目、3メートルのバーディチャンスを作った直後、大槻に残り130ヤードの2打目を直接カップに入れられイーグルで決着した。

 相手をたたえるほかなかったゲームが、今は糧になったと思える。

「ANAオープンでは、優勝していたらもっと嬉しく思って、もっと(感情を)爆発させていたかもしれない。勝てなかった結果で終わったのでむしろ良かったと思う。『良くなってきた』という思いを抑えられた」

 敗れたあの夜、新千歳空港の出発ロビー。手荷物検査の長い列で石川は、「ナイスゲーム」と自らに言い聞かせるようにつぶやき、私服でシャドースイングを繰り返していた。

「1071日ぶりの優勝」の意味

 ANAオープンでの黒星により、結果的に前回の勝利から遠ざかっていた日数は1071日になり、2019年日本プロ当時の1043日を超えた。

 勝つには勝ったが、おそらく、心の底からスッキリしたとまでは言えないのではと想像している。少なくとも、短くなった襟足ほどには。

「今回は手放しで喜べるような出来ではない。何の躊躇もなくショットを打っている感じではなかったので、これから自分がどうしていくかに集中できている感じです」

 キャリアで最長のブランク優勝、実感なきタイトルに意味を持たせるのは、ここから積み重ねる一打、一打になる。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
石川遼
星野陸也
蝉川泰果
大槻智春

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ