競馬PRESSBACK NUMBER

「取材者としては失格」サイレンススズカ“あの悲劇の天皇賞・秋”を現地観戦していた記者が“無くした記憶”「スズカだけのレースではない…」 

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/10/30 11:01

「取材者としては失格」サイレンススズカ“あの悲劇の天皇賞・秋”を現地観戦していた記者が“無くした記憶”「スズカだけのレースではない…」<Number Web> photograph by KYODO

1998年11月1日、天皇賞・秋。レース中に故障を起こし、離脱するサイレンススズカ

オフサイドトラップとエルコンドルパサー

 父の思い入れのある馬の血が流れているオフサイドトラップが天皇賞に勝ったことで、

「親父の名前で登録しておけばよかった」

 と渡邊隆は語っている。大正一一年うまれの喜八郎の世代には天皇賞はとくべつなレースであると同時に、苦い記憶もあったからだ。プレストウコウは二度天皇賞に挑み、四歳の春は鞍ずれというアクシデントで競走中止になり(勝ったのはグリーングラス)、秋はパワーシンボリのゲートが開かず「カンパイ」(発走のやり直し)になるハプニングの影響があったのか、レース途中から暴走気味に逃げる形になってテンメイの二着に敗れていた。プレストウコウの加藤朝次郎調教師はオフサイドトラップの加藤修甫の父である。

 ところで、オーナーの渡邊隆は慶応大学ソッカー部出身で、所有馬にはサッカーに関係した名前が多い。オフサイドトラップもその一頭だが、エルコンドルパサーも自身のサッカー経験に関係して名づけた馬である。大学の先輩にペルー出身で日本代表にもなった人がいて、その先輩の印象が強く残っていた渡邊は、ペルーのオペラ序曲で、サイモン&ガーファンクルの歌で世界的にも知られる「コンドルは飛んで行く」(El Condor Pasa )を馬名にしたのだ。渡邊がエルコンドルパサーという名前をつけるのは二頭めで、最初は一九八九年うまれの牡馬(父スリルショー)で、母のトウコウボレロはプレストウコウの妹である。それだけ思い入れのある名前だった。

『競馬ノンフィクション 1998年世代』 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします『競馬ノンフィクション 1998年世代』 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします
#1から読むサイレンススズカと武豊「乗っていて、ほんとうにたのしくなる」…“悲劇の天皇賞・秋”のあの日、ファンが夢見た「史上最高の逃走劇」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
サイレンススズカ
武豊
スペシャルウィーク
グラスワンダー
エルコンドルパサー
オフサイドトラップ
ミホノブルボン
ツインターボ

競馬の前後の記事

ページトップ