Beyond The GameBACK NUMBER

村田兆治、72歳、逮捕。それは「空港」で起こった。

posted2022/10/10 07:00

 
村田兆治、72歳、逮捕。それは「空港」で起こった。<Number Web> photograph by KYODO

66歳で球速131kmのストレートをインローに投げ込んだ。投球フォームは往年のまま

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 左のひざが左のひじを跳ね上げた。そんなはずないのに、そんなふうに見える。股関節の開きも腰の回転も肩の稼働も何もかも柔らかく、それでいて威圧感が充満した。

 村田兆治。「東京」から「ロッテ」へと名を変えたオリオンズの誇る本物の投手だった。

 1968年から'90年まで通算で604試合に登板、215勝177敗33セーブ、2363奪三振、防御率3.24の記録を残した。忘れがたいフォームと忘れてはならぬ実績は、日本のプロ野球史のページをいつまでも重くさせる。

 先発完投をグラウンドのみならず人生のモットーに掲げ、そうなるように精進を重ね、日本シリーズ制覇で胴上げの栄誉に浴し、別のシーズンには21勝を挙げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 977文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村田兆治
ロッテオリオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ