SCORE CARDBACK NUMBER

「見たことのないラテンを作りたい」ルール改正も、アイスダンス村元哉中&高橋大輔が見せた自信の理由「僕達らしい雰囲気を」

posted2022/09/19 06:02

 
「見たことのないラテンを作りたい」ルール改正も、アイスダンス村元哉中&高橋大輔が見せた自信の理由「僕達らしい雰囲気を」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

「フレンズオンアイス」公開リハーサルで演技する村元哉中&高橋大輔組。「かなだい」ペアも結成3年目を迎えた

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

「完璧にできればすごくカッコイイ。特に今季は、パターンダンスが無くなって、コレオシークエンスになるので、僕達らしい雰囲気を最初から出せると思います」

 アイスダンス転向3季目となる高橋大輔は、新リズムダンスのお披露目に向けて自信を垣間見せた。その根拠となるのはルール変更だ。

 もともとアイスダンスは「規定」と呼ばれる決まった足順を滑る種目と、オリジナル、フリーの3日間で行われていた。

 規定では全組が同じ課題を滑るため、技術差がはっきりと出る。男女シングルではエンターテイメント性が低いことから1990年、図形を描く「規定」は廃止。それでもアイスダンスでは基礎を重視し、名称を「パターンダンス」に変えて課題は残されていた。

 そのパターンがシニア課題から消える、つまり100年以上続いた「規定」の概念がフィギュアスケートから無くなるのだ。一方で、技術の判定がなくGOE(出来栄え)だけで評価される「コレオ」が加わり、自由度は高まった。

「見たことのないラテンを作りたい」

 村元哉中&高橋組は、男女シングルからの転向組。だからこそ2人はこの改正をチャンスに変えようと、リズムダンスの独創性に注力した。

「見たことのないラテンを作りたいと思い、ストリートアーバン系のスタイルも入れました。選曲は難しかったけどユニークなプログラムに仕上がったと思います」(村元)

 振付師には、ラテン以外のダンサーも含め6人の名が連ねられた。

「各界に精通している方々からアイデアをいただき、新しいものを融合していくうちに名前が増えていきました」(高橋)

 初披露は8月26日の「フレンズオンアイス」初演。冒頭は高橋の情熱的なステップを目立たせ、中盤では村元の滑りの伸びやかさが生かされる。最後のミッドラインステップは、手拍子必須のクライマックスとなった。

「アップテンポでハードだからこそ、完璧に仕上げたい気持ちでモチベーションも高いです」(高橋)

 規定の完全撤廃のなか、その重要性を問う議論は必要な一方で、転向組だからこそ切り開ける魅力もある。岐路を迎えるアイスダンスで2人の開拓力が問われている。

<なぜ今、読まれているのか>似て非なる名将 落合博満と野村克也。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1058・1059

<なぜ今、読まれているのか>
似て非なる名将 落合博満と野村克也。

【二人の名将を語る】
「オレ流」と「ID野球」の組織論

【参謀対談】
森繁和×松井優典「部下に求めたこと」

【阪神・藤浪、万城目学ほか】
私は『嫌われた監督』をこう読んだ

【家庭の名将】
信子夫人&サッチーの言葉学

【スペシャルインタビュー】
イチロー「僕とシアトルの不思議な縁」

【甲子園優勝監督に聞く】
須江航(仙台育英)「“青春って密だから”の真意」

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

高橋大輔
村元哉中

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ