甲子園の風BACK NUMBER

あの5打席連続敬遠の直前、18歳の松井秀喜が語っていた“ある目標”「じゃあ、バックスクリーン」「ドカベンでそんなシーンなかったですか」 

text by

吉岡雅史

吉岡雅史Masashi Yoshioka

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2022/08/21 11:02

あの5打席連続敬遠の直前、18歳の松井秀喜が語っていた“ある目標”「じゃあ、バックスクリーン」「ドカベンでそんなシーンなかったですか」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

明徳義塾戦で一度もバットを振ることなく、高校最後の夏が終わった松井。試合前、偶然出くわした記者に“ある目標”を伝えていた…

 ただ、誰よりも勝負してほしいはずの松井本人が微動だにせず我慢する姿は感動的でもあった。チームの勝利を第一とするキャプテンとして、ボール球には手を出さず出塁し、あとは仲間に託す。表情を変えずに一塁へ向かうプレースタイルは、往年の王貞治とかぶった。そういえば、電光掲示板破壊弾の次に松井が明かしたとてつもない夢は「いつか王さんを超えたい」だった。

試合後、母親が見せた“笑顔”

 星稜応援席の三塁側アルプスやレフトスタンドから物が投げ込まれる前代未聞の光景を、右中間中段の観客は黙って凝視していた。ペットボトルを投げようにもグラウンドに届くはずもない。何より、野球ファンにとっては特別な甲子園球場の鮮やかな外野芝生にゴミが投げ込まれる衝撃。そしてスター選手が一度もバットを振ることなく高校生活最後の試合を終えてしまった予想外の現実に、だれもが言葉を失ったのだと思う。

 敗者に注がれた拍手は大きく、なかなか鳴りやまなかった。外野席の階段を下りるのは、上りの何倍も時間がかかった。「勝負せえや」と声にする者は少なく、ほとんどが肩を落として出口を目指した。

 ライトから関係者入口のあるバックネット方向に向かうには球場の外を時計回りに回ったほうが近い。だが、人波に巻き込まれ、反時計回りで外周を歩かざるを得なかった。三塁側アルプス前に差し掛かると、ちょうど松井の母親・さえ子さんが他の選手の父母たちと一緒に出てきた。

 あいさつ程度はしたことがあったが、まともに会話をするのは初めてだった。さえ子さんは開口一番「しょうがないですねぇ」と小さな声で話した。スタンドで見ていた理由から思いの丈まで筆者が口にしていると、他の父母は随分先まで行ってしまった。愚痴をひと通り聞いたさえ子さんは「でも、うん、立派でした」とだけ話し、笑顔を作った。

 この母にしてあの息子あり。小さくも凛々しいさえ子さんの背中が人波に消えていくのを見送りながら、そんなことを考えていた。

#1から読む「甲子園を広いとは感じなかった」1年生4番・松井秀喜16歳が涙ながらにのぞかせたプライド…先輩の大阪桐蔭58発大砲に「飛んでないじゃん」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
松井秀喜
星稜高校
明徳義塾高校

高校野球の前後の記事

ページトップ