Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[日米リモート対談]高山善廣×中邑真輔「ずっともがいて生きてきた」

posted2022/07/16 07:03

 
[日米リモート対談]高山善廣×中邑真輔「ずっともがいて生きてきた」<Number Web> photograph by Essei Hara

'10年1月、東京ドームでの6年ぶりの対戦ではお互いが得意のヒザ蹴りを連発。中邑がIWGP王座を死守した

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph by

Essei Hara

ドン・フライ戦に象徴される魂の闘いで熱狂を呼んだ先輩と、アメリカへ乗り込み、丸6年も活躍を続ける後輩が語り合う。総合格闘技の経験、挑戦の理由、WWEのプロレスとは――。

 2016年に新日本プロレスからWWEに移籍し、SMACKDOWNのトップレスラーとして活躍し続ける中邑真輔。2017年5月、試合中に頭部を強打して頸髄完全損傷という重傷を負い、東京都内の施設でいまだ闘病とリハビリ生活を送る高山善廣。中邑がデビューした頃、高山はプロレス界のトップレスラーであり、とてつもなく高い壁だった。そして高山にとって中邑は、自身が叶えるはずだったWWEでの活躍を実現した誇らしい後輩だ。

 ふたりの共通点は2000年代前半、プロレスラーの強さを証明するためにMMA(総合格闘技)にも挑戦していたこと。世界中で今もなお語り継がれるPRIDEでの高山vsドン・フライ戦から今年でちょうど20年。世界的なスーパースターとなった中邑と、世界中から崇められるレジェンドである高山のリモートによるスペシャル対談が実現した。

中邑 高山さん、お疲れさまです!

高山 おっ、スーパースター。ひさしぶりだね。中邑君はアメリカに行ってもう6年くらいでしょ。WWEでずっとレギュラーで居続けてるってのが凄いよね。

中邑 基本的には毎週テレビに出るレギュラーのポジションではあって、なかなかタイトルマッチは組まれないですけど、メインストーリーに絡んだり絡まなかったりみたいな感じですね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2861文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

高山善廣
中邑真輔
ドン・フライ
新日本プロレス
WWE
ジョニー・エース
ビンス・マクマホン

プロレスの前後の記事

ページトップ