SCORE CARDBACK NUMBER

メジャーで「ピッチクロック」導入へ。試合時間短縮は選手の本望か?

posted2022/07/07 07:00

 
メジャーで「ピッチクロック」導入へ。試合時間短縮は選手の本望か?<Number Web> photograph by Getty Images

3Aでも導入されているピッチクロック。過去にはマックス・シャーザーが「試合の構造が台無しになる」と反発

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 メジャーでは、来季から投手の投球間隔を制限する「ピッチクロック」を導入する方向で本格的な調整の段階に入った。観客動員数が伸び悩み、若いファン層を拡大するうえで、機構側は試合時間短縮を重要事項として掲げ、マイナーの各レベルで複数のテストを繰り返してきた。その結果、6月中旬の段階で、昨年の平均3時間4分から2時間35分と29分間短縮されたことが報告された。

 6月16日、オーナー会議に出席したロブ・マンフレッド・コミッショナーは、「結果には勇気付けられた。とてもポジティブなこと」と、改めて導入へ積極的な姿勢を見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 668文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロブ・マンフレッド

MLBの前後の記事

ページトップ