村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『「忘れる」力』情報過多の現代だからこそ忘れることを怖れなくていい。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/06/26 07:00

『「忘れる」力』情報過多の現代だからこそ忘れることを怖れなくていい。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『「忘れる」力』外山滋比古著 潮文庫 770円

 大ベストセラーとなった『思考の整理学』の著者、外山滋比古さんのエッセイ集。「忘れる」ことがいかに大切かって思いました。人間は知識や情報をいっぱい詰め込んで覚えようとしますけど、忘れるのは別に努力しなくてもできますよね。僕も記憶力自体はあるほうだと思うのですが、嫌なこと、興味ないことは結構すぐに忘れています。

 本書にはこのようにあります。

「よく眠ったあとの朝の目覚めは、一日のうちでもっとも清々しく、気力にみち、ものごとがよくわかる状態である。グッド・モーニングである。夜中に、忘却がすすんで、頭脳がきれいになっている証拠である」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 652文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ