村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『それでも人生にイエスと言う』思考記が示す「生きる」価値。苦悩することにも意味がある。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/06/12 07:00

『それでも人生にイエスと言う』思考記が示す「生きる」価値。苦悩することにも意味がある。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル著 山田邦男・松田美佳訳 春秋社 1870円

「私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているからです。私たちは問われている存在なのです。私たちは、人生がたえずそのときそのときに出す問い、『人生の問い』に答えなければならない、答を出さなければならない存在なのです。生きること自体、問われていることにほかなりません」

 僕が大切にしているフランクルの有名な言葉。初めて本書を読んだとき、胸にストンと落ちる感覚がありました。自分の人生のなかで起こることをしっかりと受け止めて、意味づけしていくことがとても大切なのだと教えてくれます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ