SCORE CARDBACK NUMBER

新星、小田凱人がベスト4。衝撃的な新世代テニスの中身。

posted2022/06/23 07:00

 
新星、小田凱人がベスト4。衝撃的な新世代テニスの中身。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全仏を制した王者・国枝には準決勝で完敗も、初出場でベスト4。新しい時代の車いすテニスを体現する16歳だ

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 この1月、車いすテニスツアーを統括する国際テニス連盟(ITF)は『新星小田凱人 世界一になる準備はできている』と題する記事を公式サイトに載せ、当時世界10位の15歳を破格の扱いで紹介した。最年少の14歳11カ月でジュニア世界1位になり、今春、16歳になる直前にプロ転向。その注目株が全仏で四大大会に初出場した。ITFによると16歳は史上最年少だという。

 準決勝で国枝慎吾に敗れたが、準々決勝ではリオパラリンピック金メダルのゴードン・リードに快勝した。仕掛けの早さに対応できず、ウィナーを呆然と見送るリードの表情が衝撃を物語る。「自分の良さである、一発で打ち抜くショットも増えた」と小田。リターンから、またサーブからの3球目で常に攻めていく。ATPツアーのトップ選手が実践する3球目攻撃そのものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

小田凱人

他競技の前後の記事

ページトップ