Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[同級生たちが明かす]大船渡高校「3年後のグループ通話」

posted2022/06/03 07:01

 
[同級生たちが明かす]大船渡高校「3年後のグループ通話」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

'19年7月25日、夏の甲子園・岩手県大会決勝で花巻東に2-12で敗れた大船渡の選手たち

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

エースを登板させず、甲子園目前で散った夏。あれから3年、共に白球を追った仲間たちは、4月10日の完全試合に何を思ったか――。

《佐々木朗希、連続奪三振記録更新》

 日曜日の部活を終えて、何気なく手にしたスマホ。ツイッターが高校時代のチームメイトの話題で沸き立っていた。大船渡高校野球部同期20人のグループLINEには、恐ろしい数の通知がついている。

 朗希がとんでもないことをやっている。すでに始まっていた野球部のビデオ通話に加わると、すでに10人近い仲間たちが、だれかが映す試合映像に釘づけになっていた。

「居ても立ってもいられなくて、帰りのバスでもビデオ通話をのぞき込んでいました。最終回は“頼むから振らないで!”と相手バッターにお願いして。打球が飛んだら、なにが起きるかわからないですから」

 かつての仲間が成し遂げた偉業を、こう振り返るのは和田吟太。佐々木とともに投手として甲子園の夢を追った若者はいま、埼玉県の駿河台大学で野球を続けている。

 3年前、163kmを投げる怪童の出現を機に、地元の球児が集う港町のチームは一躍注目の的となった。球場や学校周辺が、ただならぬ喧騒に包まれた。

 だが物語は、世間が望む結末にはならなかった。県大会決勝のマウンドに佐々木の姿はなく、大会初登板の投手が先発した大船渡は完敗。前日の準決勝で129球を投げたエースを温存する國保陽平監督の采配は、国民的論争を巻き起こした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3528文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
大船渡高校
國保陽平
和田吟太
千葉宗幸
今野聡太

高校野球の前後の記事

ページトップ